あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン

日常をキラキラした思い出に変える素敵な場所や体験が、 筑後川流域には沢山詰っています。 子育てしている皆さんと、その家族の為の筑後川流域に特化した メールマガジンです。ぜひ、流域の魅力を知って頂き、足を運んでみてください!
 
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/3/21最終号☆★☆
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
<http://fcm-design.jp/mag/>
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
筑後川メールマガジンに登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

★ 【INDEX】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
◆『最終号』 by 深川
◆『よらんね♪ちっご柳川かいわい 第5弾』
◆『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪』Vol.48
◆ 編集後記 by 下西
★ ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『最終号』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
こんにちは!FCMデザインの深川です。
筑後川メールマガジンをご愛読してくださった皆様、有難うございます。

桜もほころぶ季節になりましたね。

先日、今度高校3年生になる長女が担任の先生と進路について
話をしていたそうです。

その時に、私と一緒に久留米工業大学のオープンキャンパスへ行き、
学生さんが作ったゲームで遊んでみたり、ロボットを扱ってみたり、
様々な体験をさせていただいたこと、また筑後地域のいろいろな
イベントやセミナーなどに参加した事を先生に話したようです。

そして帰宅後に、しみじみと
「私は、人がしていない体験をたくさんしたみたい。」と
言っていました。

それを聞いて初めて私は、彼女がメルマガに掲載されたイベントに、
たくさん影響されて育った事を知りました。

そして同時に、イベントで出会った方々に、彼女の感性も
育ててもらっていたのだと気付きました。

筑後川メールマガジンは、沢山の方に記事や情報を提供してもらい、
また関わっていただいた事で、メルマガ自体も育てていただきましたが、
記事を書いている私達も、それだけでなくその子どもたちにまでが、
その影響を受けていたのだと初めて気付き本当にびっくりしました

さて、いよいよ「筑後川メールマガジン」も最終号となりました。

「日常をキラキラした思い出に変える素敵な場所や体験が、
筑後川流域には沢山詰っています。」と、6年前に書きましたが、
その想いは、いまでも全く変わっていません。

メールマガジンは、終わりますが筑後川流域では、これからも
地域の魅力を伝えるイベントや子育て中の方をターゲットとした
セミナーなどが、沢山開催されると思います。

ぜひ、皆さまアンテナを張って、素敵なイベントや魅力的な筑後地域の方と
出会って下さいね。

それでは、今までご愛読有難うございました。
これからの、皆さまのご多幸をお祈り致します。

 深川 智恵美

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『よらんね♪ちっご柳川かいわい』■
第5弾 カフェと雑貨の店 「ムトー商店」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

昨年4月からスタートした「よらんね♪」企画第5弾は、
カフェと雑貨の店「ムトー商店」をお伝えしています。

前回の記事は、こちら
http://fcm-design.jp/mag/2/

先日、柳川で日帰り温泉を楽しみました。
ロビーには、お雛さまと鮮やかなさげもんが多数飾られ、
たくさんの人で賑わっていました。

気付くと、今年もやっぱり、足を運んでいました。(笑)
何度見てもいいですね♪

さて、前回は、人気の雑貨や商品をご案内しましたが、
今回は、珈琲をご紹介いたします。

店主の武藤さんは、酸味系、スッキリ系、まろやか系、
または、コク深系などのバランスを考え、珈琲を販売されています。

グアテマラ産の珈琲は、まろやかな口当たり、かつ
しっかりとした味わいがあり人気とのことです。

厳選した豆を、フレンチプレスやエスプレッソマシンを使って、
じっくりと抽出し、提供しています。

その風味豊かな1杯は、350円~400円。(持ち帰りの場合は、50円引き)

店内でカフェラテを注文すると、泡立てられたミルクに
ハートやリーフの絵を書いてくださることも・・・
声をかけてみてくださいね♪

また、相撲ファンの武藤さんは、
地元柳川出身の琴奨菊関も応援しています。
ドリンク類を購入すると、1ポイントスタンプを押していますが、
琴奨菊関が勝つと、ポイント2倍になります。
(20ポイント集まれば、1杯サービス)

他にも、店の一角には、
市内で開催されるイベントや広報のチラシも置いてあります。

何気に目に止まった、ガラスアート教室のチラシ。
子供が好きそうだなと思い、早速電話で問い合せしました。
あれから2年、娘は、連続で夏休みの作品をガラス細工の壁掛にしました。

こうやって、出会いが広がるのは、なんだか嬉しいですね。

3月10日で2周年を迎えたムトー商店
ちっごの魅力あふれるお店に、是非足をお運び下さいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ムトー商店 武藤 素子
【電話番号】080-4280-6107
【mail】 mutou_shouten@i.softbank.jp
【住所】〒832-0032 福岡県柳川市新町37
【ブログ】http://ameblo.jp/mutou-shouten/

・・・・・・・・・・・・・・・
中村美穂子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪ 』■
☆.。.:*・Vol.48  3月 旅立ちの色 ☆.。.:*・
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

別れと出会いの季節ですね。
卒業式が各地で行われています。
今年は、桜の開花も早いようで、入学式に見る桜は
新緑の桜の木かもしれないなと思いっているところです。

☆.。.:*・°☆

新緑の季節はとてもすがすがしく気持ちがいいですよね♪
グリーンは調和、安全、安心などを表す癒しの色です。

これから、新たな環境に旅立っていく方も多いと思います。
希望と不安を感じながらも気持ちはワクワクしていることでしょう

私がカラーセラピーのときに使うボトルにスプリンググリーンとい
カラーボトルがあります。
このボトルは春や若い植物(新緑)を連想するといわれています。

この季節にピッタリなカラーボトルですね。
敏感、再生、新たなる成長、楽しさ、新しいものへの感動を表すボトル。
これから、新しい生活が始まる方は本当にこんな気持ちでいると思います。
春の植物が成長するように、新たな環境で成長してほしいです。

過去を現在にいかし未来を作り出すという精神をもつスプリンググリーン
私たちは誰もが未来を作る人だと思います。
これからの未来が素敵になるように、成長し続けていきましょうね♪

☆.。.:*・°☆.。.:*・ ☆.。.:*・°☆.。.:*・ ☆.。.:*・°☆

≪カラーの意味 ≫

レッド:現実で結果を出す、開拓、地に足をつける、情熱、行動、やる気

オレンジ:人間関係、積極的、美の創造、前向き、人生を楽しむ、独立独歩

イエロー:幸福、希望、情報、理論的、好奇心、スタイルの確立、個の確立

グリーン:自然、安定、成長、調和、癒し、変化、努力、心のゆとり

ブルー:誠実、集中力、家庭を大切にする、整理整頓、思いを言葉に出す

パープル:内面を見る、希少価値、神秘的、インスピレーション、プライド

ゴールド:豊かさ、知識、楽しさ、地位、名声、自信、物質的、成功

※ キーワードは一部ですし、もちろん反対の意味もあります。
色の意味をポジティブにとらえ、上手にカラーを使ってくださいね♪

☆.。.:*・°☆.。.:*・ ☆.。.:*・°☆.。.:*・ ☆.。.:*・°☆

カラーが少しでも皆さんの生活に役立つことを願っています♪

☆.。.:*・°☆

永吉ちか子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 編集後記■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

今号をもって「筑後川メールマガジン」は終了いたします。
これまでのご愛読、本当にありがとうございました。

自分の住む地域をもっと知りたい、もっと好きになりたい
そんな想いで情報を収集し、あらためて筑後の魅力を発見したり、
頑張っている方々を紹介することで、自分自身もパワーをもらったり、
スタッフや寄稿してくださった皆さんの記事を読んで感動したりと
毎号にそれぞれの思い出があります。

2007年5月21日に発行以来、月に2度の配信を続けましたが、
その中でたった一つでも皆さんと想いを共有できる記事があれば幸いです。
バックナンバーはこちらです。
http://fcm-design.jp/mag/
よろしければ、のぞいてみてくださいね。

最後にスタッフより、一言ずつメッセージです。

:・:・:・:・:

メルマガも今回で終了となり、私たちも旅立ちの時期がきたようです。
これまで、スタッフはもちろん愛読してくださった皆さん、
取材をさせていただいた方、本当に多くの人に支えられて
続けてくることができました。
私自身もすごく成長させてもらったなと感謝しています。
ありがとうございました。
また、どこかでお会いできる日を楽しみにしています。

永吉ちか子

:・:・:・:・:

長いようで短かった編集スタッフとしての役目もこれを持って終了です。
メルマガスタッフとなり、たくさんのことを学ばせていただきました。

読者の皆さまをはじめ、取材に協力いただいた皆さま、そしてスタッフ。
感謝でいっぱいです!本当にありがとうございました。
これからも、皆さまとともに成長していきたいと思っています。

どこかでお会いできることもあるかと思います。
その時は、ぜひお声かけください♪

東堂 めぐみ

:・:・:・:・:

メルマガ記事を書くにあたり、自分が住んでいる城島町を調べたり、
近郊の地域が気になったり、
これは、伝えたい!と思うような記事があったり。。。

改めて「ちっご」が好きになりました。
とても良い経験ができました。

ありがとうございました。

中村美穂子

:・:・:・:・:

読者のみなさまに心から感謝申し上げるとともに、
みなさまの今後のご活躍をお祈り申し上げます。

これからも、いつも同じ空の下で輝いていられますように♪

下西 由紀子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【筑後川 メールマガジン】 No.139 Thursday Edition
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子

【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『よらんね♪ちっご柳川かいわい』■
第5弾 カフェと雑貨の店 「ムトー商店」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

昨年4月からスタートした「よらんね♪」企画第5弾は、
カフェと雑貨の店「ムトー商店」をお伝えしています。

前回の記事は、こちら
http://fcm-design.jp/mag/2/

先日、柳川で日帰り温泉を楽しみました。
ロビーには、お雛さまと鮮やかなさげもんが多数飾られ、
たくさんの人で賑わっていました。

気付くと、今年もやっぱり、足を運んでいました。(笑)
何度見てもいいですね♪

さて、前回は、人気の雑貨や商品をご案内しましたが、
今回は、珈琲をご紹介いたします。

店主の武藤さんは、酸味系、スッキリ系、まろやか系、
または、コク深系などのバランスを考え、珈琲を販売されています。

グアテマラ産の珈琲は、まろやかな口当たり、かつ
しっかりとした味わいがあり人気とのことです。

厳選した豆を、フレンチプレスやエスプレッソマシンを使って、
じっくりと抽出し、提供しています。

その風味豊かな1杯は、350円~400円。(持ち帰りの場合は、50円引き)

店内でカフェラテを注文すると、泡立てられたミルクに
ハートやリーフの絵を書いてくださることも・・・
声をかけてみてくださいね♪

また、相撲ファンの武藤さんは、
地元柳川出身の琴奨菊関も応援しています。
ドリンク類を購入すると、1ポイントスタンプを押していますが、
琴奨菊関が勝つと、ポイント2倍になります。
(20ポイント集まれば、1杯サービス)

他にも、店の一角には、
市内で開催されるイベントや広報のチラシも置いてあります。

何気に目に止まった、ガラスアート教室のチラシ。
子供が好きそうだなと思い、早速電話で問い合せしました。
あれから2年、娘は、連続で夏休みの作品をガラス細工の壁掛にしました。

こうやって、出会いが広がるのは、なんだか嬉しいですね。

3月10日で2周年を迎えたムトー商店
ちっごの魅力あふれるお店に、是非足をお運び下さいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ムトー商店 武藤 素子
【電話番号】080-4280-6107
【mail】 mutou_shouten@i.softbank.jp
【住所】〒832-0032 福岡県柳川市新町37
【ブログ】http://ameblo.jp/mutou-shouten/

・・・・・・・・・・・・・・・

中村美穂子
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『らん久留米かいわい』■
  4弾 リサイクル着物とちえぞうミュールのお店【ちえぞう】■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

3月に入り、だんだんと春めいてきました

さて、昨年4月からスタートした「らん♪」企画では、
筑後地域にある、魅力的な商品やサービスを提供しているお店を、
ご紹介しています。

「メルポックル」「あいのわ」「サンバル食堂」と続き4弾は、
リサイクル着物とちえぞうミュールのお店【ちえぞう】を紹介しています。
前回は、
<Part1>「日本人には、着物を着たいDNAがある」
http://fcm-design.jp/mag/2013/02/-4-1.html
今回は、「ちえぞう」のお店の紹介と将来への想いについて
ご紹介します。

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

リサイクル着物とちえぞうミュールのお店【ちえぞう】

<Part2>「和の文化の良さを伝えたい」

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

「ちえぞう」のお店は、西鉄久留米駅から久留米(商店)へ入り
徒歩で約3分のところにあります。

お店の前には、TVが置かれ、昨年に久留米の石橋文化センターで、
開催されたイベント「きものの和・輪・○」の様子が、流されています。
http://chiezo-chiezo.net

このイベントは、以前筑後川メールマガジンでもお知らせしましたが、
久留米発!着物の「和」から人の「輪」をひろげる』
という趣旨で開催され、前オーナーの長末ちえ子さんの、
「着物を着る機会を作ろう」「もっと和の文化に触れて欲しい」
という思いが、沢山詰まったイベントでした。
(司会は、編集長の下西さんが担当していました。)

さて、「ちえぞう」の店内には、アンティークやリサイクルの着物、
ちえぞう下駄ミュール、和雑貨が、沢山展示されており、
見ているだけでもワクワクしてきます。

「ちえぞう下駄ミュール」は、天然木ならではのナチュラルな風合いをいかした
「ナチュラル台」と上品な印象を与える漆塗りの「黒台」の下駄の台に、
 鼻緒は久留米絣や博多織、リバティプリントなどが、25種類あり
オリジナル(着物の布地など)で、作る事もできます。

また鼻緒を交換する事で、末永く愛用していただけます。

子ども用として、「子どもげた」もあります。
履き続ける事で、体のバランスを取る土ふまずができるそうです。


https://www.facebook.com/chiezogeta

「着物」は、展示されていたものや、新しく作ったものもあり、
作家ものもあります。新品(しつけ付き)のものもあり、お取り寄せも
できます。

お値段は、リーズナブルで、私は、万円以下で、着物が買える事を知り
(中には500円~のものも)本当にビックリしました。

また、リサイクルの反物もあるので、それで、着物を仕立てる事も
できます。
お持ちの反物のお持ち込みもできますので、お母様の形見の着物を洋服に
リフォームされる方もいらっしゃるそうです。

卒業式、入学式があるこのシーズン、ぜひ度お店をのぞいてみませんか?
着物美人の案納さんや、前オーナーのちえ子さんの素敵な笑顔の写真が
皆さんを優しく出迎えて下さいます。

また「ちえぞう」では、着物の良さをお伝えしたい、
たんすの中に眠っている着物を もう度活かしてあげたいとの思いから
「着物の手習い会」「茶話会」の二つの催しが開催されています。

★着物の手習い会

毎月、月末の土曜日にワンコイン500円で、着物の着付けを
習う事ができます。

20代から70代の様々な年代の方が、参加されるそうです。

13:00~18:00 の間の好きな時間に来て、好きな時間だけ
習う事ができます。
習う方のレベルに合わせてそれぞれのレッスンがあります。
・半襟のつけかた
・帯の結び方
・着付け  など

自分が着付けを習うだけでなく、人が着ているのを見るのも
勉強になると案納さんはおっしゃいます。

ご自分のお持ちの物で、練習しますと手に馴染んで、
自宅でも練習ができるそうです。

個人レッスン(1,000円)もお店で受け付けていますので、
お店の方にお問い合わせいただければと思います。

以前の手習い会の様子↓はブログでご確認下さい
http://chiezo.yoka-yoka.jp/e730910.html

★茶話会 偶数月の月末の日曜日15:00~17:00

お茶のマナーと着付けのマナーを教えていただけます。

お抹茶・御菓子付きで、1,000円
定員は、10名です。
お洋服での参加も大丈夫との事です。

以前の茶話会の様子はブログでご確認下さい↓
http://chiezo.yoka-yoka.jp/e866060.html

ぜひお気軽にお出かけください。

最後に案納さんに「ちえぞう」の将来の夢をお聞きしました。

以前から、「ちえぞう下駄ミュール」を日本各地のデパートなどで、
展示販売されてましたが、今年から、
「ちえぞう下駄ミュール」を世界に発信する!ということで、
様々な取り組みを始められるそうです。

久留米から、日本中、そして世界へ。

前オーナーのちえ子さんの「和の文化」への想いは、「ちえぞう」
引き継がれ世界へ発信されうとしています。

■リサイクル着物とちえぞうミュールのお店  ちえぞう

【住所】 久留米市東町31-8(久留米内)
【定休日】 水曜日
【営業時間】10:00~18:00
【電話号】0942-36-6508
【ちえぞう HP】http://www.chiezo.me
【ちえぞう/げたミュール Face bookページ】
https://www.facebook.com/chiezogeta

深川 智恵美

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/3/7号 発行☆★☆

【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

<http://fcm-design.jp/mag/>

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆


情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp

筑後川メールマガジンに登録してくださった、皆様ありがとうございます!

どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。


このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・

歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。

よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。


★ 【INDEX】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

◆『よらんね♪久留米一番街かいわい 第4弾』 by 深川

◆『うきはスイーツコレクション2013キックオフイベント他』のご案内♪

◆ 編集後記 by 下西

★ ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■『よらんね♪久留米一番街かいわい』■

  第4弾 リサイクル着物とちえぞうミュールのお店【ちえぞう】■

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

こんにちは!FCMデザインの深川です。

登録してくださった皆様、有難うございます。


3月に入り、だんだんと春めいてきましたね。


さて、昨年4月からスタートした「よらんね♪」企画では、

筑後地域にある、魅力的な商品やサービスを提供しているお店を、

ご紹介しています。


「メルポックル」「あいのわ」「サンバル食堂」と続き第4弾は、

リサイクル着物とちえぞうミュールのお店【ちえぞう】を紹介しています。

前回は、

<Part1>「日本人には、着物を着たいDNAがある」

http://fcm-design.jp/mag/2013/02/-4-1.html

今回は、「ちえぞう」のお店の紹介と将来への想いについて

ご紹介します。


◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆


リサイクル着物とちえぞうミュールのお店【ちえぞう】


<Part2>「和の文化の良さを伝えたい」


◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆


「ちえぞう」のお店は、西鉄久留米駅から久留米一番街(商店街)へ入り

徒歩で約3分のところにあります。


お店の前には、TVが置かれ、一昨年に久留米の石橋文化センターで、

開催されたイベント「きものの和・輪・○」の様子が、流されています。

http://chiezo-chiezo.net


このイベントは、以前筑後川メールマガジンでもお知らせしましたが、

『久留米発!着物の「和」から人の「輪」をひろげる』

という趣旨で開催され、前オーナーの長末ちえ子さんの、

「着物を着る機会を作ろう」「もっと和の文化に触れて欲しい」

という思いが、沢山詰まったイベントでした。

(司会は、編集長の下西さんが担当していました。)


さて、「ちえぞう」の店内には、アンティークやリサイクルの着物、

ちえぞう下駄ミュール、和雑貨が、沢山展示されており、

見ているだけでもワクワクしてきます。


「ちえぞう下駄ミュール」は、天然木ならではのナチュラルな風合いをいかした

「ナチュラル台」と上品な印象を与える漆塗りの「黒台」の下駄の台に、

 鼻緒は久留米絣や博多織、リバティプリントなどが、25種類あり

オリジナル(着物の布地など)で、作る事もできます。


また鼻緒を交換する事で、末永く愛用していただけます。


子ども用として、「子どもげた」もあります。

履き続ける事で、体のバランスを取る土ふまずができるそうです。



https://www.facebook.com/chiezogeta


「着物」は、展示されていたものや、新しく作ったものもあり、

作家ものもあります。新品(しつけ付き)のものもあり、お取り寄せも

できます。


お値段は、リーズナブルで、私は、一万円以下で、着物が買える事を知り

(中には500円~のものも)本当にビックリしました。


また、リサイクルの反物もあるので、それで、着物を仕立てる事も

できます。

お持ちの反物のお持ち込みもできますので、お母様の形見の着物を洋服に

リフォームされる方もいらっしゃるそうです。


卒業式、入学式があるこのシーズン、ぜひ一度お店をのぞいてみませんか?

着物美人の案納さんや、前オーナーのちえ子さんの素敵な笑顔の写真が

皆さんを優しく出迎えて下さいます。


また「ちえぞう」では、着物の良さをお伝えしたい、

たんすの中に眠っている着物を もう一度活かしてあげたいとの思いから

「着物の手習い会」「茶話会」の二つの催しが開催されています。


★着物の手習い会


毎月、月末の土曜日にワンコイン500円で、着物の着付けを

習う事ができます。


20代から70代の様々な年代の方が、参加されるそうです。


13:00~18:00 の間の好きな時間に来て、好きな時間だけ

習う事ができます。

習う方のレベルに合わせてそれぞれのレッスンがあります。

・半襟のつけかた

・帯の結び方

・着付け  など


自分が着付けを習うだけでなく、人が着ているのを見るのも

勉強になると案納さんはおっしゃいます。


ご自分のお持ちの物で、練習しますと手に馴染んで、

自宅でも練習ができるそうです。


個人レッスン(1,000円)もお店で受け付けていますので、

お店の方にお問い合わせいただければと思います。


以前の手習い会の様子↓はブログでご確認下さい

http://chiezo.yoka-yoka.jp/e730910.html


★茶話会 偶数月の月末の日曜日15:00~17:00


お茶のマナーと着付けのマナーを教えていただけます。


お抹茶・御菓子付きで、1,000円

定員は、10名です。

お洋服での参加も大丈夫との事です。


以前の茶話会の様子はブログでご確認下さい↓

http://chiezo.yoka-yoka.jp/e866060.html


ぜひお気軽にお出かけください。


最後に案納さんに「ちえぞう」の将来の夢をお聞きしました。


以前から、「ちえぞう下駄ミュール」を日本各地のデパートなどで、

展示販売されてましたが、今年から、

「ちえぞう下駄ミュール」を世界に発信する!ということで、

様々な取り組みを始められるそうです。


久留米から、日本中、そして世界へ。


前オーナーのちえ子さんの「和の文化」への想いは、「ちえぞう」に

引き継がれ世界へ発信されようとしています。


■リサイクル着物とちえぞうミュールのお店  ちえぞう


【住所】 久留米市東町31-8(久留米一番街内)

【定休日】 水曜日

【営業時間】10:00~18:00

【電話番号】0942-36-6508

【ちえぞう HP】http://www.chiezo.me

【ちえぞう/げたミュール Face bookページ】

https://www.facebook.com/chiezogeta


 深川 智恵美


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■『うきはスイーツコレクション2013キックオフイベント・

          筑後吉井おひなさまめぐり』のご案内♪■

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

全国で「ひな祭り」のイベントが開催されていますね。

皆さま、雛人形は飾られましたか?

我が家の雛人形は、日の目を見られないまま春の節句が

終わってしまいそうです・・・。


先日、小郡で学校給食フェアが開催され、

娘と一緒に親子クッキング教室に参加してきました!

「手軽にひなまつり!」ということで、

「洋風ちらし寿司」作りに挑戦しました。


調理専門学校での教室でしたので、本格的に指導していただき

娘も私もとても楽しむ事ができましたよ!


また、昔の給食試食コーナーなどもあり、久しぶりに

「鯨の竜田揚げ」を試食しました。

現在の給食にはないメニューということで、娘は物珍しそうに

口にしていました。歳を感じた瞬間でした・・・。


さて、今回はメルマガ最後のイベント案内です♪


*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/**/*/*/*/*/*/*/*/*


『うきはスイーツコレクション2013キックオフイベント』


農家が精魂込めて作ったうきは産フルーツを使い、

腕自慢の職人達が作る「うきはスイーツ」の販売をスタートします。

当日は、スイーツ教室やワークショップ等の体験型イベントも開催。


なお、キックオフイベント日以降、

本格的うきはスイーツコレクションがスタート!

全スイーツ店制覇を目指してうきは市へおいでください。


【日時】3月16日(土) 10:00~18:00

【場所】

白壁交流広場(住所:うきは市吉井町1260-1)

うきは市内のスイーツコレクション参加店(約20店)


【内容】

◆スイーツスタンプラリー開始(3月16日~5月31日まで)

 ・うきは市内スイーツコレクション参加店舗にて

  スイーツをお買い上げの方にスタンプ押印。

  5店舗にてスタンプをもらった方は、

  「スイーツクーポン」抽選会へ応募できます。


◆ワークショップ(白壁交流広場)

 ・うきはのスイーツを使ったシュークリーム作り

  〈参加費〉500円 *当日、白壁交流広場にて受付

  〈時間(予定)〉 11:00 / 11:45 /13:00 /14:15 (各20名)


◆うきはマルシェ(白壁交流広場)

 ・農産品の朝市、販売


【問合せ先】

うきはスイーツコレクション実行委員会事務局

TEL:(0943)75-4975

-----------------------------------------


同じく、うきは市吉井町では、下記イベントが開催中です!


『筑後吉井おひなさまめぐり』


白壁土蔵の町並みを背景に、うきは市吉井町内の旧家や

町在住者が所蔵する、江戸時代から現在までの豪華なものから

珍しいもの等、数多くのおひなさまを各家々や商店、旧家、

公共施設に展示しています。

白壁土蔵の町並みをゆっくり散策しながらの、

おひなさまめぐりも乙なものです。

日曜日は人力車に乗れます。


【開催期日】 2月10日~4月3日

【場 所】うきは市吉井町一帯(白壁通りほか)

【駐車場】うきは市白壁ホール(文化会館)駐車場 ※無料

住所:うきは市吉井町1001-4


【問合せ先】 筑後吉井おひなさまめぐり実行委員会事務局

うきは市観光協会(吉井支局) TEL:(0943)76-3980


*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*

甘いものを食べて、おひなさまめぐりで雛飾りを鑑賞する・・・

なんとも女の子の好きそうな一日になりますね。


一日に、二つのことが楽しめる日になりますよ。

この春、ぜひうきは市へ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?


東堂 めぐみ


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

■ 編集後記■

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


ここまで読んでくださって、ありがとうございます。


前号で当メルマガを3月末で終了することをご報告したところ、

多くの方に「お疲れ様でした」とか「残念です」といった

メッセージをいただきました。

これまで、ご愛読くださったみなさんに心から感謝いたします。


先日、「NPO法人くるめ日曜市の会」の理事長、

若江皇絵(わかえ はなえ)さんを取材させていただきました。

若江さんは開業医で「はなえ矯正歯科」(久留米市津福本町)の院長です。

熊本出身の若江さんは、久留米の魅力のひとつを

「筑後川が育てた豊潤な土壌に、豊かな農作物が育っていること」

と言っていました。


「くるめ日曜市」は、毎月最後の日曜に西鉄久留米駅近くの

明治通りに設けられます。

新鮮でおいしい採れたての農作物を、多くの方に買いに来てほしい、

久留米一番街周辺に昔のにぎわいを取り戻してほしいと

仲間と活動を続ける若江さんは30代のバイタリティあふれる女性でした。



今回のメルマガでは、久留米一番街の「ちえぞう」と、

うきは市の「スイーツコレクションキックオフイベント」を

ご紹介しました。


魅力的な素材があって、その価値を広めたいと頑張る人がいる。

そこに共感する人々が集まって活動を始め、

地域が活性化していくという動きは全国的にありますが、

自然にあふれ、熱いハートを持つ人々の多い筑後地域は、

とても大きな可能性を秘めている気がします。


3月になり、筑後川のほとりには、

菜の花やつくしが見られるようになりました。

春ですね~。


何かと慌ただしい年度末ですが、

色とりどりに咲き始めた花々に元気をもらいながら、

今日も一日頑張りましょう♪


:・:・:・:・


次回3月21日(木)は、最終号の発行です。

どうぞ、最後までお付き合いくださいね。


下西 由紀子


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

【筑後川 メールマガジン】 No.138 Thursday Edition

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)

<http://fcm-design.jp/mag/>


発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子

編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子


【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>

--------------------------------------------------------------------

このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して

おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/2/21号 発行☆★☆
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
<http://fcm-design.jp/mag/>
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
筑後川メールマガジンに登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

★ 【INDEX】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
◆『筑後川メールマガジン終了のお知らせ』by 深川
◆『よらんね♪ちっご柳川かいわい』第5弾
◆『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪』Vol.47
◆ 編集後記 by 下西
★ ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『筑後川メールマガジン終了のお知らせ』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

突然で、申し訳ありません。
約6年間メールマガジンを配信してきましたが、
この3月で、編集スタッフ一同筑後川メールマガジンから、
卒業する事に決めました。

ご愛読いただいた皆さま今まで、本当に有難うございます。

この文章を書きながら、筑後川メールマガジン発行までの事を
思い出しておりました。

私は、第2子出産前、福岡市へ働きに行ってましたので、
その頃は、天神周辺のお店やイベントに興味がありました。

第2子出産を機に、独立してSOHOスタイルで、働き始めました。

自宅を事務所にして働いていると、自分の住んでいる地域が
身近になります。
子どもも小さいので、休日に遊びに連れて行くのも、身近な地域。

しぜんと、地域社会に目が向いていきました。

そんな中、インターネットで出会った『SOHOによる地域振興』を唱える
SOHOメンバーとSOHO筑後川を立ち上げました。
http://www.soho-chikugogawa.com

SOHO筑後川で、地域活性化のイベントや勉強会を開いて行くうちに、
筑後地域の方と繋がりが広がり、筑後地域の自然の豊かさや
文化の素晴らしさを教えていただく事が多くなりました。

私は、「身近な筑後地域の事を何も知らなかった。」という思いと共に、
だんだんと地域の素晴らしさを子育て世代にも知って欲しい、
子ども達にも伝えていきたいと思うようになりました。

その頃、編集長の下西 由紀子さんと出会う事ができ、二人で
2007年5月にあそぶ!はたらく!つどう!【筑後川メールマガジン】を
創刊しました。

また当時、筑後地域の働きたい女性、SOHOスタイルで働いている方と
知り合う機会が多くありましたので、メールマガジンのターゲットは、
筑後地域の働きながら子育てしている女性、
子育てしながら働きたいと思っている女性に決めました。

そして、その年の8月に、森田 由紀さんが、加入(2009年12月卒業)。

翌2008年2月から、永吉 近子さんが、5月からは、東堂めぐみさんが
参加しました。

東堂さんが加入した時は、メールマガジン一周年のプレゼント企画の
真っ只中でした。

メルマガをお読みの方の中で、その時応募して下さった方も
いらっしゃるのでは、ないでしょうか?

【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
一周年記念プレゼント企画号!
http://fcm-design.jp/mag/2008/05/post-29.html

2009年5月からは、財津園美さんが加入(2011年5月卒業)。

2周年のリニューアル企画として、
永吉さんの『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪』
http://fcm-design.jp/mag/happy/

財津さんの『香りのごちそう~ふわっと拡がる幸せ』
http://fcm-design.jp/mag/cat44/
が始まりました。

3周年には、『ママ達のハローワーク』を開催。
東堂さんの司会で、
編集スタッフの仕事をするまでのプロセス、きっかけ。
家庭と仕事、ワーク・ライフ・バランスについて、
仕事を通じて良かった事・辛かった事、将来の目標などを
語りました。
http://fcm-design.jp/mag/2010/07/3-2.html


2011年2月より中村 美穂子さんが、加入。
小郡市民が多かった、メルマガスタッフに、城島町の中村さんが
加わる事により、記事の掲載地域が広がりました。

振り返ると、編集メンバーは、仕事も家庭も、
そして様々な地域のイベントとも関わりながら、
このメールマガジンを書き続けてきました。

時には、夜中の一時過ぎまで、記事の編集にかかったり
仕事の締め切りが迫る中、記事を書き上げられるのかと
心配になったり、毎回のネタ探しに、悩んだりしながら
取り組んできました。

6年間、それぞれの生活・仕事環境は変化しながらも
メルマガスタッフは、チームワークで書き続けてきました。

スタッフ、一人一人のアイディアや企画を盛り込みながら
少しでも読者の皆様に有意義な情報を届けたいとの想いが
あったので、今まで続けてこられたのだと思います。

その他にも、

■日田やうきは市へ取材

■ 久留米信愛女学院短期大学の健康栄養学科の
生徒さん達が考案されたレシピ
スローフード・レシピ(地産農産物レシピ)を連載で掲載

■『ほっとステーションマリア』の健康相談日程掲載

■『私流、ワークスタイルを求めて 』のリレーエッセイ
http://fcm-design.jp/mag/cat45/

■となりの考古学  http://fcm-design.jp/mag/cat46/

現在連載中の
■ よらんね♪久留米一番街かいわい
 http://fcm-design.jp/mag/cat48/

など、様々な企画も掲載してきました。

私たちは、筑後川メールマガジンを書きながら、読者の皆様と一緒に、
筑後を見つめる6年間を歩んできたのだと感じます。

筑後川メールマガジンは、今回を除きますと、
あと2回の配信となります。

ぜひ最後までお付き合い宜しくお願い申し上げます。

 深川 智恵美
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『よらんね♪ちっご柳川かいわい』■
第5弾 カフェと雑貨の店 「ムトー商店」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
4月からスタートした「よらんね♪」企画第5弾は、
柳川市の川下りコース、城堀水門近くにある「ムトー商店」です。

レトロな雰囲気漂う店内には、珈琲の香ばしい香りが漂っています。
窓際には、カラフルなタンブラーやボトルなどが目に止まり、
奥には、雑貨やクッキー、ジャム、布製小物など、
地元にこだわった商品がずらりと並んでいます。

店主の武藤さんは、
「気がるに話が出来、コーヒーが飲める憩いの場を」との思いから、
珈琲専門店で4年間修業し、昨年の3月に念願のお店をオープンしました。

地元をこよなく愛する武藤さん!
柳川市観光課の呼びかけで集まった市民による
「柳川観光振興プロジェクトチーム」に所属。
柳川のにぎわいのため『近き者喜び、遠き者来る』をモットーに、
柳川の楽しみ探し、楽しみづくりをされています。

今の時期、柳川といえば「さげもん」ですね。
専門店を始め、酒屋や衣料品店と町の至る所に飾られています。

2月11日から開催されている「さげもん」まつり。
それに合わせ、「食べめせ柳川」もスタートしました。(~4月3日)
「食べめせ柳川」とは「うまかもんつくりぐっちょ」
という企画で誕生した、商品を巡るスタンプラリーです。

各店舗のスタンプを集め、同時に、ビンゴゲームにもなるという企画。
4つのスタンプが並べば、抽選で商品券が当たります。

美味しいものを食べて、ビンゴに挑戦。なんだか、楽しそうですね♪
(ムトー商店は、参加はしていません)

---------------------
★人気商品の紹介★


「きなこばんも~」 120円
「むつごろうラーメン」 単品 262円 箱入り4個 1050円
「手作り おひさまいちじく」(甘露煮)300円
「相撲みそ」(万能うま辛タレ) 315円

武藤さんがイメージを伝え、デザインを依頼した
「柳川手ぬぐい」(1050円~)
オリジナル柄は、珈琲豆、船頭、柳川まりの3種類。

どうして、「手ぬぐい」のオリジナル柄を?と思ったら、
ご自分が手ぬぐいが大好きだそうです。
そして、観光地にはよく、「ご当地手ぬぐい」があり、
旅行に行くと、必ず買っているんだとか。

手ぬぐいだとかさばらないし、破損する心配もなく、
軽いのでお土産にピッタリ。
ずっと使えるし、使う度に柳川を思い出してもらえるのではないか?
との思いから、オリジナルの「柳川手ぬぐい」を作ったそうです。

他にも、約300点の商品が所狭しと並んでいます。


〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇

私は、知人や、お世話になった方などに購入する時に
利用することがあるのですが、
毎回、何かしら目新しい商品があるんです。

面白いネーミングのお菓子だったり、季節モノだったり。
贈る方の好みを思い出しながら、選んでる時がとても楽しくて・・

勿論、コーヒーもおいしいですよ!
次回は、武藤さんに珈琲の豆知識を語っていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ムトー商店 武藤 素子
【電話番号】080-4280-6107
【mail】 mutou_shouten@i.softbank.jp
【住所】〒832-0032 福岡県柳川市新町37
【ブログ】http://ameblo.jp/mutou-shouten/

中村美穂子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪ 』■
☆.。.:*・Vol.47  2月 色の見え方 ☆.。.:*・
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

先日、河川敷が薄っすら黄色に見えるなと思っていたら、
まだ小さな菜の葉が咲いていました。

なんだか、とってもかわいらしく、これから黄色の絨毯のように、
彩られていくと思うと、春も近づいているんだなと思いました。

☆.。.:*・°☆

日本の伝統色の中に、菜花色という色名があります。
この色は少し青味がかった黄色です。

ところが、菜の花は春のイメージでタイプで見ると、
黄みがかった色のグループです。

菜花色は明治以降につけられた色名のようで、
一面の菜の花と葉を見たイメージでつけられたようです。

このように、色は周囲の色によって変わるともいえ、
たとえば、赤いネットに入ったミカンはオレンジ色がより、
濃く感じるし、オクラもグリーンのネットに入っていると
グリーンが鮮やかに見えます。

私たちは色を正確に見ているとはいえないかもしれません。
これから、自然界も色彩豊かになっていくので、
色々な見方をしてみると面白そうですね♪

☆.。.:*・☆.。.:*・☆.。.:*・

永吉 近子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 編集後記■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

「2月は逃げる」と言いますが、
今月もあっというまに下旬を迎えました。
SOHOスタイルで働く身としては、確定申告のことが気になりながらも、
作業がいっこうに進まず、焦るばかりです。

さて、冒頭でお伝えした通り、「筑後川メールマガジン」は、
来月をもって終了することとなりました。

創刊から6年間、1カ月に2度の発行を継続して参りました。
6年といえば、ちょうど小学生が卒業する年数です。
思えば、創刊当時は私もSOHO1年生でランドセルを背負ったばかりでした。

6年間、発行責任者の深川さんや、メルマガスタッフらと共に歩み、
ランドセルにもたくさんの思い出が詰め込まれています。

残り2回の発行となりましたが、
3月も「よらんね♪企画」で筑後のお店情報をお届けしますので、
卒業までどうぞよろしくお付き合いください。

今年の春は、福岡に住む私達にとって、
中国からのPM2.5の飛来が非常に気になりますね。
家族の健康のためにも、正確な情報をキャッチし、
適切な対策を心がけたいものです。

:・:・:・:・:

次回の発行は、3月7日(木)です。
どうぞ、お楽しみに。

下西 由紀子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【筑後川 メールマガジン】 No.137 Thursday Edition
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子

【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『らん♪ちっご柳川かいわい』■
5弾 カフェと雑貨の店 「ムトー商店」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
4月からスタートした「らん♪」企画5弾は、
柳川市の川下りコース、城堀水門近くにある「ムトー商店」です。

レトロな雰囲気漂う店内には、珈琲の香ばしい香りが漂っています。
窓際には、カラフルなタンブラーやボトルなどが目に止まり、
奥には、雑貨やクッキー、ジャム、布製小物など、
地元にこだわった商品がずらりと並んでいます。

店主の武藤さんは、
「気がるに話が出来、コーヒーが飲める憩いの場を」との思いから、
珈琲専門店で4年間修業し、昨年の3月に念願のお店をオープンしました。

地元をこなく愛する武藤さん!
柳川市観光課の呼びかけで集まった市民に
「柳川観光振興プロジェクトチーム」に所属。
柳川のにぎわいのため『近き者喜び、遠き者来る』をモットーに、
柳川の楽しみ探し、楽しみづくりをされています。

今の時期、柳川といえば「さげもん」です
専門店を始め、酒屋や衣料品店と町の至る所に飾られています。

2月11日から開催されている「さげもん」まつり。
それに合わせ、「食べめせ柳川」もスタートしました。(~4月3日)
「食べめせ柳川」とは「うまかもんつくりぐっちょ」
という企画で誕生した、商品を巡るスタンプラリーです。

各店舗のスタンプを集め、同時に、ビンゴゲームにもなるという企画。
4つのスタンプが並べば、抽選で商品券が当たります。

美味しいものを食べて、ビンゴに挑戦。なんだか、楽しそうです
(ムトー商店は、参加はしていません)

---------------------
★人気商品の紹介★


「きなこばんも~」 120円
「むつごろうラーメン」 単品 262円 箱入り4個 1050円
「手作り おひさまいちじく」(甘露煮)300円
「相撲みそ」(万能うま辛タレ) 315円

武藤さんがイメージを伝え、デザインを依頼した
「柳川手ぬぐい」(1050円~)
オリジナル柄は、珈琲豆、船頭、柳川まりの3種類。

どうして、「手ぬぐい」のオリジナル柄を?と思ったら、
ご自分が手ぬぐいが大好きだそうです。
そして、観光地にはく、「ご当地手ぬぐい」があり、
旅行に行くと、必ず買っているんだとか。

手ぬぐいだとかさばらないし、破損する心配もなく、
軽いのでお土産にピッタリ。
ずっと使えるし、使う度に柳川を思い出してもらえるのではないか?
との思いから、オリジナルの「柳川手ぬぐい」を作ったそうです。

他にも、約300点の商品が所狭しと並んでいます。


〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇o。o〇

私は、知人や、お世話になった方などに購入する時に
利用することがあるのですが、
毎回、何かしら目新しい商品があるんです。

面白いネーミングのお菓子だったり、季節モノだったり。
贈る方の好みを思い出しながら、選んでる時がとても楽しくて・・

勿論、コーヒーもおいしいです
次回は、武藤さんに珈琲の豆知識を語っていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ムトー商店 武藤 素子
【電話号】080-4280-6107
【mail】 mutou_shouten@i.softbank.jp
【住所】〒832-0032 福岡県柳川市新町37
【ブログ】http://ameblo.jp/mutou-shouten/

・・・・・・・・・・・・・・・・
中村美穂子
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『よらんね♪久留米一番街かいわい』■
  第4弾 リサイクル着物とちえぞうミュールのお店【ちえぞう】
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
2月に入り三寒四温でしょうか、寒くなったり暖かくなったり、
春もだんだん近づいてきていますね。

さて4月からスタートした「よらんね♪」企画では、
筑後地域にある、魅力的な商品やサービスを提供しているお店を、
ご紹介しています。

「メルポックル」「あいのわ」「サンバル食堂」と続き第4弾は、
リサイクル着物とちえぞうミュールのお店【ちえぞう】を
ご紹介します。
◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

リサイクル着物とちえぞうミュールのお店【ちえぞう】

<Part1>「日本人には、着物を着たいDNAがある」

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

今月は、元オーナーの長末ちえ子さんと
店長の責任者の案納美貴代さんをご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「ちえぞう」は、西鉄久留米駅から久留米一番街(商店街)へ入り
徒歩で約3分のところにあります。

初代オーナーの長末ちえ子さんは、着物が大好きで、
いつか着物のお店が開けたらいいなと思っていたそうです。

「着物は着たいけれど、タンスに眠ったまま。」
「着物と帯と小物、どんなふうに合わせたらいいか分からない」

そんな沢山の声を聞いてきたちえ子さんは、
「日本人には、着物を着たいDNAがある、もっと着物に触れて欲しい」と、
常々考えていました。

そこでまず取り組んだのは、
足下のお洒落「ちえぞうミュール」の販売でした。

外反母趾、内反小指に悩まされていたちえ子さん。
ある時、着物姿の時は、足の痛みを忘れている事に気がついたそうです。

それが下駄のおかげだと気付き、
「お洒落で、誰もが履きたくなる下駄を作りたい」と考えるように。
そうして、リバティプリントや久留米絣などの生地を鼻緒に使った
着物にも洋服にも合う「ちえぞうミュール」が誕生しました。

その後、株式会社ちえぞうを立ち上げ、
「リサイクル着物の展示会」を開催したところ評判がよく、
リサイクル着物の販売も始めました。

その頃、案納さんが友人の紹介で「ちえぞう」で働き始めました。
長年、医療事務に携わっていた案納さんにとって、
着物を扱う仕事は、全くの畑違い。

働き始めてから、ちえ子さんの指導で着物を着るようになった案納さん。
今ではそう思えない程、和服が良くお似合いの着物美人です。
もちろん、「ちえぞうミュール」の愛用者で、スニーカーよりも楽チンと、
旅行の際は、必ず「ちえぞうミュール」を持っていくそうです。

二人は、血も繋がっていないのに、
姉妹や家族に間違えられたりしていたとのこと。
それくらい息の合った二人の人柄に魅せられて、
いつもお店には様々な年代のお客様や、
着物の仕事に関わる方々が集っています。

私の母と同年齢のちえ子さんは、スマートフォンを使いこなし、
パソコンでブログを書いたり、Facebookを楽しんだりと、
とにかくもの凄いスピードで決断し、行動していらっしゃいました。

初めてお会いした2年前に、いきなり、3カ月程単身で、
スペインへ旅行に行かれたのが、強烈に印象に残っています。

スペインでは、Skypeを使って、久留米のスタッフと連絡を取ったり、
一度は、私がたまたまSkypeを立ち上げていた時に、
「お元気~?」と、かけてこられた事もありました。
私も、将来はあんなふうに身軽に海外へいきたいなと思った事でした。

そのちえ子さんが亡くなったとの知らせを聞いたのが昨年の9月。
突然の訃報に、信じられない思いでした。

現在では、案納さんが、ちえ子さんの「和の文化」への想いを引き継いで、
「ちえぞう」を守り立てていらっしゃいます。

明るい笑顔と抜群の行動力で、お客様を魅了したちえ子さん、
その「和の文化」への精神は、「ちえぞう」のお店の中で、
そして、その笑顔はお店に飾られた写真の中で、今でも輝いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

次回は、「ちえぞう」のお店の紹介と将来への想いについて
ご紹介します。お楽しみに♪

■リサイクル着物とちえぞうミュールのお店  ちえぞう

【住所】 久留米市東町31-8(久留米一番街内)
【定休日】 水曜日
【営業時間】10:00~18:00
【電話番号】                        0942-36-6508
【ちえぞう HP】http://www.chiezo.me
【ちえぞう/げたミュール Facebookページ】
https://www.facebook.com/chiezogeta

 深川 智恵美
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『よらんね♪久留米一番街かいわい』■
第3弾 ベジデリ & カフェ【サンバル食堂】
 <Part3>気楽に楽しく心を開いて
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

4月からスタートした「よらんね♪」企画では、
筑後地域にある、魅力的な商品やサービスを提供しているお店を、
ご紹介しています。

第3弾として取材したのは、久留米一番街にある、
ベジデリ&カフェ「サンバル食堂」

これまでに、以下の内容で2回お届けしました。

<Part1>「みんなのやりたいこと」を応援する場所
http://fcm-design.jp/mag/11/

<Part2>食を通し心と体を整える
http://fcm-design.jp/mag/12/

<Part3>は、「サンバル食堂」の最終回です。
オーナーの倉地さんの思いをご紹介します。

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

 <Part3>気楽に楽しく心を開いて
       自分らしく生きること
◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

サンバル食堂では、ランチ以外にも楽しめるイベントを開催。
食をメインに料理教室やイベントを行っている倉地さん。
取材の最後に気楽に楽しく心を開いて、行き詰ったらお店に来てください!
ランチタイム以外は大丈夫です!!といわれました。

いつでもオープンな心で迎える倉地さんは、ご自身で体験されたことを
通し、サンバル食堂から人生を自分らしく、楽しみながら生きることを、
皆さんに伝えられています。

今年初めに、バリ島へ行かれた倉地さん。
現地でも料理教室やヨガ教室に参加され、ますますパワーアップ。
日本とは違った国での体験は、えっ?と思うようなこともありますが、
それをおもしろいと思えるのは倉地さんの心の豊かさだろうと思います。
楽しみながら吸収したものは、サンバル食堂に活かされています。

今年もバラエティに富んだ料理教室を中心にイベントを企画。
特に料理教室に力を入れていると倉地さん。
お野菜だけで、どうやって作るのか?
作るコツなどを楽しく教えていきたいといわれます。

また、東京や鎌倉から先生に来ていただいて料理教室を開催されたり
素敵なパートナーであるご主人が「オパ」
(One Point Advice:現実に抱えている問題を解決し、
本来の自分自身を表現できるようになるツール)をされたりと
ユニークな活動をされています。

ちょっと行き詰った時には、自分らしさを取り戻しにサンバル食堂へ!

----------------------------------------------------
★ イベントの紹介 ★

【旬のお野菜を使った世界のお料理教室 春・夏コース】

<日程>
 祝日昼部 11時~13時
 3/20(春分の日).4/21. 5/26. 6/23. 7/28

 月曜夜部 19時~21時
 3/18. 4/15. 5/20. 6/17. 7/22

 <料金>
 20,000円(材料費込み)

【男子も喜ぶガッツリベジご飯教室】

 ヴァレンタイン前、彼やだんなさんも喜ぶベジご飯を伝授します。
 彼がイナイ、お料理が苦手・・・という人も大丈夫
 やっとくに損はないっ!
<日程>
 2月10日(日曜日)11時~

----------------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・
■ ベジデリ & カフェ サンバル食堂
【住所】福岡県久留米市東町32-1(久留米一番街内)
【定休日】毎週月曜日(不定休)
【営業時間】11:00~18:00 ランチ11:00~14:00
【電話番号】0942-39-2248
【mail】ototsumugi@tp.main.jp
【サンバル食堂のHP】http://ototsumugi.main.jp/
【サンバル食堂のブログ】http://ameblo.jp/warung-sambal
・・・・・・・・・・・・・・・・

永吉ちか子
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『よらんね♪久留米一番街かいわい』■
  第3弾 ベジデリ & カフェ【サンバル食堂】
<Part2>食を通し心と体を整える
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

4月からスタートし第3弾となった「よらんね♪」企画では、
筑後地域にある、魅力的な商品やサービスを提供しているお店を、
ご紹介しています。

第3弾として取材したのは、久留米一番街にある、
ベジデリ & カフェ「サンバル食堂」

前回は、以下の内容でお届けしました。

<Part1>「「みんなのやりたいこと」を応援する場所」
http://fcm-design.jp/mag/2012/08/40.html

今回<Part2>では、「サンバル食堂」の魅力をご紹介します。

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

 <Part2>食を通し心と体を整える

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

「サンバル食堂」ってちょっと変わった名前なのでお聞きすると、
「実は、バリの辛い調味料の名前なんです。ヨガの先生が来日するたびに、
日本の人はいつも笑っていないね。バリの人はいつもにこやかだよ!
サンバルを沢山食べるから元気なのかも?と言われるんです。
沢山の人が笑顔で過ごせるようにと思い、「サンバル」と名付けました。」
と倉地さん。

調味料の「サンバル」は辛いけどマイルドな甘みもあり、
本当にくせになる味です♪

お店の入り口では、自然食やマクロビオティック関係の食材がお出迎え!
ワクワクして、奥へ進むと...
ゆったりとした空間があり、お食事やお茶を楽しめます。

私は¥800のランチをいただきましたが、とってもヘルシーで、
体が喜ぶお惣菜がたくさん、ゆっくりとお食事させていただきました。

居心地が良く、年代を問わず訪れるお客様も様々、
一人でくつろぐ方やお子様連れのお母さん...
みんなのココロが悦ぶ場所にとの思いがあふれるお店です。

倉地さんは、食と大好きなアロマトリートメントを通して、
体から伝わる情報を伝え、心と体を整えると人生が変わるといわれます。
アロマトリートメントやフラワーエッセンスなどの裏メニューも
好評です!!

「やりたいこと」を探しに行くのもいいし、ゆったりとランチやお茶を
楽しむのもいいですね♪それが「サンバル食堂」の魅力!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ メニュー ★
お野菜で作るお惣菜をセルフでチョイス出来るスタイル
¥500と¥800のランチとお弁当があります!

そして、裏メニュー???
 ◆アロマトリートメント(予約制)
 背面 ¥5,000/60分
 全身 ¥10,000/120分

◆フラワーエッセンス(予約制)
 お話を聞き、なりたい自分になるためのボトルをブレンドします。
 ボトル 1本 ¥3,000/30分
 ボトル 2本 ¥6,000/60分

◆癒しのリフレクソロジー(予約制)
 ヒーリングの要素を取り入れたやさしいソフトタッチ。
 ¥3,500/60分(初回に限り¥3,000)

★フラワーエッセンス講座(初級・上級)随時受け付け
 無料個人セッション付!!

・・・・・・・・・・
料理教室を始め色々なイベントや講座を開催しています。

【ベジクリスマスパーティ料理】
 12月24日(月) 11時から

【カラダあたたまるインドネシアスパイス料理】
 1月20日(日) 11時から

【お野菜だけで男子満足バレンタインディナー料理】
 2月10日(日) 11時から

お申し込みはサンバル食堂まで
0942-39-2248

その他の情報はこちらをご確認ください!
http://ameblo.jp/ototsumugi/

・・・・・・・・・・・・・・・・
■ ベジデリ & カフェ サンバル食堂
【住所】  福岡県久留米市東町32-1(久留米一番街内)
【定休日】 毎週月曜日(不定休)
【営業時間】11:00~18:00 ランチ11:00~14:00
【電話番号】0942-39-2248
【mail】  ototsumugi@tp.main.jp
【サンバル食堂のHP】 http://ototsumugi.main.jp/
【サンバル食堂のブログ】 http://ameblo.jp/warung-sambal
・・・・・・・・・・・・・・・・

永吉ちか子
『よらんね♪久留米一番街かいわい』も第3弾となりました。
今回は「久留米市一番街」の中ほどにあるちょっと気になるお店を
紹介します。

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

ベジデリ & カフェ【サンバル食堂】

<Part1>「みんなのやりたいこと」を応援する場所

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

第3弾は、ベジデリ & カフェのお店「サンバル食堂」です。
今月は、オーナーの倉地摩紀子さんをご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・

オーナーの倉地摩紀子さんの経歴を見ると、
ちょっとビックリしてしまうかもしれません。

穏やかで人をふわっと包み込む倉地さん、
サンバル食堂のオーナーであり、アロマセラピスト!
また、バリに魅せられototumugi株式会社を設立、
バリにあるプチホテルの経営者と色々な顔があります。

なぜ、サンバル食堂を始めたのかお聞きすると、
「10年後くらいに、大好きなアジアで食べた、
動物性の物を使わない玄米菜食のお店を
やれるといいなと思っていたんです」と倉地さん。

夢が現実になった訳は・・・。

「久留米市が主催する、起業支援の募集のお話があり、
企画書を書く練習にと試しに応募してみたら企画書が通り、
プレゼンテーションで1位になって...」
と思いがけない答えが帰ってきました。

オープンまで大変だったのでは?

「実は、場所や資金など色々と問題がありもうダメかもと思い、
気持ちが不安になったこともあります。
でも、飲食業は初めてだし、出来る限りのことをやってみようと
チャレンジ精神で行動しました!」
と明るく答える倉地さんの笑顔が印象的でした。

何事も楽しみながら前へ進むと、
大変なことも不思議とタイミングよく物事が進んだり、
協力してくれる方が見つかったりして、
期限の半年以内にお店をオープンすることが出来たそうです。

「食堂としていますが、ただの食べ物屋さんとは考えていません!

多くの人の思いと共にできた「サンバル食堂」は、
「みんなのやりたいことを応援する場所でありたい♪」と
おっしゃっていました。

******************

<サンバル食堂メニュー>
ランチプレート ¥500 or ¥800
ドリンク ¥200~

******************

次回は、「サンバル食堂」のお店紹介を予定しています。
お料理教室なども開催しています!!
気になる方は、ぜひ久留米一番街へ足をお運びください。

・・・・・・・・・・・・・・・・
■ ベジデリ & カフェ サンバル食堂
【住所】  福岡県久留米市東町32-1(久留米一番街内)
【定休日】 毎週月曜日(不定休)
【営業時間】11:00~18:00 ランチ11:00~14:00
【電話番号】0942-39-2248
【mail】  ototsumugi@tp.main.jp
【サンバル食堂のHP】 http://ototsumugi.main.jp/
【サンバル食堂のブログ】 http://ameblo.jp/warung-sambal

・・・・・・・・・・・・・・・・

永吉ちか子

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイテム

  • ha2.png
  • ha1.png
  • ti2.jpg
  • ti.jpg
  • marumaga.jpg

アイテム

  • ha2.png
  • ha1.png
  • ti2.jpg
  • ti.jpg
  • marumaga.jpg