日常をキラキラした思い出に変える素敵な場所や体験が、 筑後川流域には沢山詰っています。 子育てしている皆さんと、その家族の為の筑後川流域に特化した メールマガジンです。ぜひ、流域の魅力を知って頂き、足を運んでみてください!

2007年7月アーカイブ

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/07/19号 発行
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<http://fcm-design.jp/mag/>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。

◆◇◆【INDEX】────────────────────────
◇ 『夏休み目前』 by 深川
◇ 筑後川流域情報 Vol.6 筑後チルドレンズ・キャンパス開催中!
◇ 筑後川流域情報 Vol.7 忘れないでいたい八月八日の終電車
◇ 編集後記 by 下西
───────────────────────────────◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『夏休み目前』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○

□ 深川 智恵美

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。

さて、思いの外、早く訪れた台風も過ぎ去り、子ども達は、いよいよ
夏休み目前!

夏に子供たちはぐ~んと成長します。

「夏休み子ども達に何を経験させたらいいの?」
「もっと、筑後のことについて、子供達も知ってほしいな。」
という方は、今回のメルマガきっとお役に立つと思いますよ~。

そしてもう一件は、小郡市の童話作家の田熊正子さんの作品の朗読会の
情報です。
なかなか、身近な地域の戦争の話を聞く機会は、少ないと思います。
この機会にぜひ、えーるピアに足を運ばれてみませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筑後川流域情報 Vol.6 筑後チルドレンズ・キャンパス開催中!
~夏休みの思い出を筑後で作ろう!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

筑後田園都市推進評議会(筑後地域の16市町村と福岡県で構成)では、
「つながる・出会う・遊ぶ―学ぶ 」をテーマに
筑後地域そのものをキャンパスとして、 体験学習プログラムを実施中です。

対象は、主に小学4年生~中学2年生および保護者です。

では、夏休み、8月前半までのプログラムをご紹介しましょう。

■ 7月26日(木)~ 27日(金):久留米市
「久留米おいしかもん調査隊ラーメン編」

■ 7月28日(土)~ 29日(日):みやま市
「地元の食と早取れみかん、いまどき農業まるごと体験、民泊体験してみ隊!」

■ 7月31日(火)~8月1日(水):矢部村・星野村
「奥八女・水と緑の物語」

■ 8月4日(土) ~ 5日(日):柳川市
「二つ川ウォッチング」

■ 8月9日(木) ~ 10日(金) :久留米市
「こどものための美術小旅行~石橋コレクションを旅する」

参加料、宿泊場所、保護者参加の可・不可はプログラムによって
異なります。

くわしくは、HPでご確認ください。http://chikugocc.jp/

どのプログラムも楽しそうですね。
夏休みに、私たちが暮らす筑後の魅力を子ども達に発見してもらいませんか?

また、素敵な賞品が当たるスタンプラリーも実施中!
こちらは、筑後地域の博物館や美術館を巡るスタンプラリーです。

どなたでも参加でき、スタンプの数に応じて、抽選で宿泊券やお食事券など、
素敵な賞品が当たりますよ♪

スタンプの数が多いほど、賞品も豪華に!
さぁ、たくさんスタンプを集めて素敵な賞品をゲットしてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筑後川流域情報 Vol.6 戦争と女性を考える 2007
朗読会~ 忘れないでいたい八月八日の終電車(作:田熊正子 1995年)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その夜の下り終電車が筑紫駅に近づく頃、
急停車した電車に乗ってきたオカッパ頭の女の子。

もんぺをはき肩から防空ずきんを斜めにかけて・・・
膝には、チューリップの絵のある赤いアルミの弁当箱を大事そうにのせて・・・。

聞くと、グラマンの電車銃撃でけがをしてしばらくそばの川の
林にねかされていたというのです。 ???

乗り合わせた2人の姉妹が、家に帰っておじいちゃんに話すと、
それは、半世紀前、ほんとにあったことだというのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

終戦まぎわの1945年8月8日、西鉄大牟田線の電車が受けた銃撃事件を
知っていますか。 米軍機による攻撃で、乗客・乗員64人の命が失われ
200人以上が負傷しました。

私たちの住むこの地(今の筑紫駅あたり)が戦場になった事実を
忘れずにいたい。

「八月八日の終電車」は、犠牲者への鎮魂と反戦への思いを新たに、
田熊正子さんにより書かれた創作童話です。

事件の起きた8月8日にあわせて、この本を朗読で味わい、原作者のお話も、
うかがいます。           

■ 朗  読  副島 紀身
(元サガテレビ・アナウンサー、元太宰府市女性センター館長)

■ コメント 田熊 正子(原作者)

■ 日 時  8月8日(水)10:00~12:00

■ 対象者   どなたでも

■ 定員   30名 <先着順 7月22日(日曜)より受付開始>

■ 受講料  無 料

■ 会 場 久留米市男女平等推進センター 210・211 研修室)

■ 申込み 男女平等推進センター窓口、電話、FAX、Eメール,
電子申請 (先着順)にて

■一時保育 / 手話通訳 氏名、住所、電話・FAX番号、
お子様の名前・年齢」をお知らせください。

■申込み先・問 合 せ
久留米市男女平等推進センター
TEL: 0942(30)7800 FAX : 0942(30)7811
〒839-0037 久留米市諏訪野町1830-6 えーるピア久留米内
URL http://www.elpia.kurume.fukuoka.jp/
E-mail : danjo-c@city.kurume.fukuoka.jp

■主催 久留米市男女平等推進センター (えーるピア久留米内)

・駐車場には限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここまで読んでくださってありがとうございます。

小さい頃の夏休みの思い出は、年齢を重ねるにつれ、
どこか切なさを帯びてきます。

幼な友達、いとこたち、おじいちゃん、おばあちゃん、
そして若かりし頃の両親

今となっては、もう会うことのない人達との思い出も・・・

心の中で色を変え、いつしか、かけがえのない、宝石のような大切なものに
なっていますね。

この夏休み、子供達の心に、ひとつぶだけでも、原石を残してあげませんか?

それは、大好きな人達と、ほんの身近な自然に触れることでも
十分だと思いますよ。

「筑後チルドレンズ・キャンパス」へのご参加、おすすめです!

最後になりましたが、この度の新潟中越沖地震で被災された方々に
心より、お見舞いを申し上げます。

次回の配信は、8月2日です。どうぞ、お楽しみに。

下西 由紀子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【筑後川 メールマガジン】 No.1 Thursday Edition
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
ブログ協力:ミキティ (第1・3 木曜日発行)

【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

◆ご意見ご感想など メールアドレス:meru@fcm-design.jp
◆購読申し込み/解除【アドレス変更&解除はご自分でお願いします】
http://www.mag2.com/m/0000235479.html

◆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
◆バックナンバー
http://blog.mag2.com/m/log/0000235479/
--------------------------------------------------------------------
掲載された記事の無断転載や無断引用は禁止です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンの「まるごと転送」は大歓迎です!

banner_02.gif
人気blogランキングへ

2007年7月8日、日曜日の読売新聞地域欄の筑後のコーナーで、
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】の記事を掲載して頂きました。

これからも、皆様に筑後川流域の素晴らしさや有意義な情報をお届けできるよう
下西由紀子編集長共々頑張っていきます。

これからも、応援宜しくお願い致します。
fukagawa.jpg


                 FCMデザイン 深川 智恵美

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/07/05号 発行
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://fcm-design.jp/mag/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の
自然・歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。

◆◇◆【INDEX】─────────────────────────

◇ 『豆田の街並み』 by 深川
◇ 筑後川流域 日田特集 Vol.4 相沢漆芸工房
◇ 筑後川流域 日田特集 Vol.5 日本丸館
◇ お詫びと訂正
◇ 編集後記 by 下西

────────────────────────────────◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『豆田の街並み』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○

□ 深川 智恵美

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

7月から8月にかけて、第21回筑後川フェスティバルin日田が開催され
ます。(同時開催 第10回リバーフェスタみくま川)
http://blog.ccrn.jp/?eid=689978

それに先駆けて、日田の見どころを散策して参りました。
前号は、隈町を中心にレポートいたしました。

バックナンバー → http://fcm-design.jp/mag/cat18/6/post_6/

さて今回は、日田特集第2弾、豆田町を中心にレポートします。

日田は、江戸時代に幕府直轄地として繁栄していた街で、その面影が
今も残る豆田町は、その400年前からの町割りや建物が多く残って
います。

時間の流れがゆっくりと過ぎていくような町の様子に、日々の生活の中で
忘れかけたものが見つかりそうな気がします。

訪れるお店一つ一つが、こだわりを感じられる商品を取り扱って、
商品について、お店の方からお話を伺うのも楽しい時間です。

知人に連れられて、秋子想(ときこそう)という名のレストランに連れて
行ってもらいました。

暗めの照明が落ちついた雰囲気を演出して、大切な人と大切な時間を
過ごすのにぴったりのお店でした。

秋子は、咸宜園(※)を創設した廣瀬淡窓(ひろせたんそう)の妹とのこと。

豆田町、訪れるたびに魅力を発見できそうで、何度も訪ねたい町になりました。

(※咸宜園)廣瀬淡窓(ひろせたんそう)が創立した全寮制の私塾。
武士だけでなく、どんな身分でも、男女を問わず受け入れた。
蘭学者・高野長英や兵学者・大村益次郎など沢山の優秀な人材を輩出
した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筑後川流域 日田特集 vol.4 相澤漆芸工房
~蒔絵師の父の後を継ぐ、2代目職人のお店~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、数ある豆田のこだわりのお店から、心魅かれた職人のお店を
ご紹介します。

日田漆器のお店、創業22年の相澤漆芸工房です。

店内には本漆塗りの様々な製品が、ひとつひとつ個性を放ちながら
並んでいます。お店のご主人であり、職人である相澤秀一さんの作品に
対する思い入れが伝わってくるようです。

一番の人気商品は、「豆雛」(2,000円~10,000円)
高さ1cmほどの小さなお雛様から、サイズは数種類。

コロンとした可愛らしい姿、精巧な手描きの美しさは、独特の存在感が
あります。

お雛様を描いた盃(5,800円)や、兜を描いた盃(8,000円)も好評だそう
です。

では、お土産として、おすすめの商品をご紹介しましょう。

そばぢょこ(1,700円)は、ちょっとしたデザートを盛り付けたり、焼酎を
飲むのにも良さそうです。

お箸(1膳600円)も、本漆塗り。

持ち運び用の「マイお箸」としても、喜んでいただけるのではないで
しょうか。

漆器は、使うほどに馴染み、色艶が良くなっていくのだそうです。

お正月や運動会に活躍する重箱も、注文に応じて作って下さるそう
ですよ。

◆相澤漆芸工房

住  所:大分県日田市豆田町10-2
電 話:0973-22-7588
営業時間:午前9時~午後5時
定 休 日:不定休
※記事中の料金は全て税込みです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筑後川流域 日田特集  Vol.5 豆田の天守閣『日本丸館』
~天領の面影を残す、開かれた家~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて次は、高山裕子さん<サポーターNo.003>のレポートです。
『日本丸館』(にほんがんかん)という展示館で、今なお生活家屋の
一画です。

●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○

豆田町の天守閣と呼ばれる『日本丸館』は、江戸時代の雰囲気を
漂わせる白壁 銅板屋根の木造三階建てです。

何故『日本丸館』という名称なのか?・・・それは『日本丸』(にほんがん)
という名の薬を製造・販売した薬種屋の展示館だからなのです。

日の丸をイメージした朱色の薬『日本丸』の効能は、心臓病・熱病・腹痛・
神経痛など幅広く、ハワイ・ブラジルにまで販路を広めたそうです。

「ふしぎによくきく日本丸」「のんだ!ねた!おきた!なおった日本丸」
など、わかりやすいキャッチフレーズで時代を先駆けした感があります。

館内には、日本丸の製造過程に使われた「製丸機」や薬を入れた
「百味たんす」
当時の広告ポスターなどが展示されているほか、古いたんすやミシン・
いろりなどもあり、民俗博物館の雰囲気も感じられます。

3階の窓から見回す、日田の360度のパノラマは圧巻です。

残念ながら「日本丸」は昭和40年代に製造が中止されましたが、
1階の岩尾薬局の店内には、懐かしい雰囲気の薬も沢山並んでいます。

◆日本丸館 http://www.iwaoyakuho.com/

住   所:大分県日田市豆田町4-15
開館時間:午前10時~午後5時
開館期間:2月15日~5月末日と9月~11月

(期間外でも1階、岩尾薬局にて相談に応じて下さいます)

入場料:大人350円.小中学生250円。

問い合わせ:岩尾薬局 0973(23)6101

久留米・鳥栖広域エリア生活情報誌 ぽしぇっと
タウン情報 レポーター 高山 裕子 (サポーターNO.03)
『タウン情報』に載せる情報募集中♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お詫びと訂正です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回、6月21日号の「日田祇園山鉾会館」の記事で、「山鉾」について
『7月19日に全6基がJR日田駅前に集合して、一斉にお披露目』と
お伝えしましたが、実際には、『隈地区から5基、豆田地区から4基の
計9基が日田駅に集まる』そうです。

関係者の方には、大変失礼いたしました。
お詫び申し上げ、訂正させていただきます。

19日は流れ引きで日田駅に日田市の山鉾が全部集まり、21・22日は
本番で隈地区と豆田地区、それぞれ分かれて町を練りまわります。

ブログにも「日田祇園山鉾会館」に展示されている山鉾の写真を
掲載しておりますが、煌びやかな山鉾が練りまわる姿は、一見の価値が
あります。 → http://fcm-design.jp/mag/cat18/6/post_6/

皆様も一度、国重要無形民族文化財を見に日田へ行かれて
みませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここまで読んでくださってありがとうございます。

前号から2回にわたって、日田の特集をお届けしました。
まだまだ日田の魅力をお伝えしたいのですが、またあらためて別の
機会に。

さて、昨日の大雨で、日田では避難された住民の方もいらっしゃい
ますね。
眠れない夜を過ごされたことと思います。

昨日の大雨で、筑後川の水位も上昇しました。
筑後川は「日本三大暴れ川」のひとつに数えられています。

日頃私達は、筑後川の大きな恩恵を受けていますが、災害の事を
考えると、自然の驚異とも背中合わせだと感じます。

この夏、大きな被害が出ない事を祈っています。
そして「筑後川フェスティバルin日田」(8月26日(日)まで開催)が
無事、 成功しますように。

次回の配信は、7月19日です。どうぞ、お楽しみに。

下西 由紀子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【筑後川 メールマガジン】 No.1 Thursday Edition
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
ブログ協力:ミキティ (第1・3 木曜日発行)

【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

◆ご意見ご感想など メールアドレス:meru@fcm-design.jp
◆購読申し込み/解除【アドレス変更&解除はご自分でお願いします】
http://www.mag2.com/m/0000235479.html

◆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
◆バックナンバー
http://blog.mag2.com/m/log/0000235479/
--------------------------------------------------------------------
掲載された記事の無断転載や無断引用は禁止です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンの「まるごと転送」は大歓迎です!

banner_02.gif
人気blogランキングへ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31