日常をキラキラした思い出に変える素敵な場所や体験が、 筑後川流域には沢山詰っています。 子育てしている皆さんと、その家族の為の筑後川流域に特化した メールマガジンです。ぜひ、流域の魅力を知って頂き、足を運んでみてください!

2008年2月アーカイブ

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/2/21号 発行
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<http://fcm-design.jp/mag/>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。

◆◇◆【INDEX】────────────────────────
◇ 『如月』 by 深川
◇ 筑後川流域情報 Vol.42 久留米大学ベンチャー育成講座
◇ おしゃべり情報BOX No.3 九州最大級の春の市「三池初市」
◇ 筑後川流域情報 Vol.43 男の子育てセミナー
◇ 編集後記 by 下西
───────────────────────────────◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『如月』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○

□ 深川 智恵美

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。

2月は“逃げる”といいますが、あっという間に2月も残りわずか。
この時期、年度末という事もあり、毎年慌しく過ごしているのですが、
今年は、メルマガスタッフも子ども達の卒園・卒業を控えなにかと
心落ちつかない日々を過ごしているようです。

筑後川では、菜の花が少しづつ咲き始め、“つくし”も顔を出してきた
そうです。春が近づいてきています。
慌しい毎日ですが、この時期にしか見られない、早春の風景を
見逃さないようにしたいものですね。

さて、メルマガスタッフも、携わっている久留米大学ベンチャー育成講座が、
開催されます。
最終日は、編集長が司会も務めます。何かと話題の中国ですが、先ずは
お互いの理解を深める事が、大切なのではないかと感じています。

宜しければ、皆様足を運んでみて下さいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筑後川流域情報 Vol. 41 久留米大学ベンチャー育成講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ 「今、中国ビジネスに何が必要か!」

2007年度久留米大学ベンチャー育成講座は『中国ビジネス』をテーマに
開催します。

九州はアジアのゲートウェイ戦略、つまり、地理的に近く
歴史的にも交流が深いアジアとの連携を地域の成長戦略に掲げています。

そのためにもアジアとの架け橋役となる留学生の活用は今後益々重要になる
でしょう。
久留米大学はアジアの留学生を多く受け入れ、また、北京に事務所を開設して
います。

今回の講座では、環境、福祉、農産物、ICT、観光などを切り口として各分野
の専門家、実践者により中国ビジネスの今を明らかにします。

現在、新連携(異分野連携新事業分野開拓)や地域資源の活用が推進されて
います。また、ジェトロでは、国際化を推進するのため地域間交流支援事業が
行われてます。
どちらも地域産業振興が目的です。地域視点で、中国ビジネスを考えましょう!

★申し込み・お問い合わせ↓
http://www.soho-chikugogawa.com/ven/ven2008/moushikomi.htm

────────────────────────────────────
■会場 久留米ビジネスプラザ  http://www.kurumebp.jp/plaza_map.htm

全5回
3月8日(土)・3月12日(水)・3月15日(土)・3月19日(水)・3月22日(土)

■内容
○スケジュール
■ 3月8日(土) 10:00~12:00 (オリエンテーションを含む)
講師:久留米大学商学部 永池克明先生
テーマ:「経営戦略から見た中国ビジネスと九州」

■ 3月12日(水) 18:30~20:00
講師:久留米大学北京教育交流中心 王橋氏
テーマ:「中国におけるベンチャー企業・ビジネス」

■ 3月15日(土) 10:30~12:00
講師:アジアネット 田中豊氏
テーマ:「中国ビジネスに挑む九州の挑戦者達 ~時代はグローカル~」

■ 3月19日(水) 18:30~20:00
講師ていすとビジネスサービス 飯盛敦博氏
テーマ:「ビジネスプラン グループディスカッション」

■ 3月22日(土) 14:00~17:00
テーマ:「中国ビジネスの実践」
◆ 講演 久留米大学経済学部 駄田井正先生

◆パネルディスカッション
コーディネーター:
ていすとビジネスサービス 飯盛敦博氏
パネリスト:
久留米大学 駄田井正先生
キタジマ食品株式会社 代表取締役社長 北島隆彦氏
三和システム株式会社 代表取締役社長 森光実紀雄氏
有限会社アジアビジネスコンサルタント
代表取締役社長 古森政基氏

■主催
久留米大学

■後援
久留米市
株式会社久留米ビジネスプラザ
株式会社久留米リサーチパーク
久留米学術研究都市づくり協議会
株式会社 九州文化技術研究所
SOHO筑後川

■開催場所
株式会社久留米ビジネスプラザ http://www.kurumebp.jp/plaza_map.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ おしゃべり情報BOX  NO.3 九州最大級の春の市「三池初市」
~ 臥龍梅で春を感じませんか?~ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

筑後川流域から少し足を延ばして、南の方へお出かけしてみませんか?
サポーターNo.06、さすらう女★ケイコさんから大牟田の話題が届いて
います♪
:・:・:・:・:・:・:・:

暦の上では春となりましたが、毎日寒いですね~
さて、大牟田に春を知らせるイベントをご紹介します。

毎年3月1日、2日に昔の宿場町だった三池で開催されるのが
「三池初市」です。
九州最大級の春の市と言われて、毎年約7万人の人が訪れます。

農機具、雑貨、郷土玩具、植木の市がたち、露天も数多く立ち並び
「花てぼ」と呼ばれる独特の手さげ用かごが有名です。
子供の頃、この花てぼに、採ったつくしを入れたのを 思い出します。

大道芸人も来て、老いも若きも一緒になって盛り上がったり
若いカップルのデートの場だったり、 庭木や色鮮やかな花を買って
帰る人など…
期間中、三池地区は初市一色です。

自分の子供が楽しそうに初市に行く姿が、若かりし頃の自分と重なって
ふるさとを強く感じますね!

この初市が始まるすこし前から咲き始めるのが 「臥龍梅」です。
歴史と伝説の山、三池山中腹にある天台宗の古刹、普光寺。
この寺の中に、樹齢400年、まるで地をはう龍のような「臥龍梅」があります。

満開の臥龍梅は、それはそれは見事ですよ!
大牟田の街から有明海、雲仙までを見渡せるこの場所で
いちはやく春のおとずれを感じてみませんか?

◆三池初市/大牟田市大字三池神田脇一帯
(問い合わせ)大牟田市産業観光課  
TEL 0944-41-2750

◆普光寺/大牟田市大字今山2538
(問い合わせ)大牟田観光協会    
TEL 0944-52-2212
http://www.sekoia.org 

<サポーターNo.06 さすらう女★ケイコ>

・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

「三池初市」楽しそうですね。
露天が並ぶ風景って、わくわくしますよね!

さすらう女★ケイコさん
大牟田からの素敵なご案内ありがとうございました。

この時期、私が気になるのは同じく「梅」で有名な太宰府天満宮です。
3月の第一日曜日に行われる、『曲水の宴』!!

平安時代の衣装で、水の流れのある庭園などでその流れのふちに坐り、
流水にお酒の盃を浮かべ、盃が自分の前に来るまでに、
詩歌を詠むというもので、まるで絵巻物の世界のようです。
ご興味のある方は、足を運ばれてください。

普光寺「臥龍梅」~太宰府天満宮のツアーというのもいいかもしれませんね!

◆太宰府天満宮◆

福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号 

太宰府天満宮社務所
TEL (092)922-8225
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/matsuri/kyokusui.htm


忙しいと自然の移り変わりにも、気付かずにいることが多いものですよね。

ちょっとしたことで、自然とかかわれるのはこの時代大切ではと思います。

永吉 近子


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筑後川流域情報 Vol. 43 男の子育てセミナー
~お父さんのハッピー子育て~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お父さん、最近、子どもとのこと、みえてますか?
仕事が忙しくって、寝顔しか見てないなんてことないですか?
一緒にお風呂に入ったり、絵本を読んだり、料理を作ったり、
やりくりして、もうちょっと子どもとの時間を増やしてみませんか。

お母さんも子どもも間違いなく大喜び!
お父さんだって、何か発見があって、仕事に役立つハズ・・・
子育ては、自分育てだと思うから。
このセミナーでは、子どもとの遊びを通して子育てに関わるコツや
デンマークの子育て事情など、盛り沢山の情報を提供します。

子育て期のお父さん、また男性の子育てに関心がある方、
どうぞお気軽にご参加ください。

■プログラム

【第1回 遊びの指導】 『体を使って心をつなぐ親子遊び』 
~探そうからだの笑顔スイッチ~

日  時 : 3月8日(土) 10:30~12:00
講  師 : 社会福祉法人 久留米遊育福祉会 
晴明保育園 園長 辻 広明さん

会  場 : えーるピア久留米 ダンススタジオ
対  象 : 父親と子ども(就学前で一人で歩ける子)(母親の見学も可)
定  員 : 30組(先着順受付)

※当日は動きやすい服装でご参加ください。

【第2回 講 演】 『どげんかしたい 男の子育て』
~デンマークの父親から学ぶ~

日 時 : 3月15日(土) 14:00~16:00
講 師 : 北九州市立大学文学部 人間関係学科准教授 恒吉 紀寿さん
会 場 : 男女平等推進センター210・211研修室
対 象 : テーマに関心のある方ならどなたでも
定員:50名(先着順受付)

■受講料は無料です。

■お申込みは、久留米市男女平等推進センター窓口、    
または、電話・FAX・Eメール・電子申請で。

*一時保育・手話通訳(無料)は各セミナーの5日前までに要予約。

■主催:久留米市男女平等推進センター

********************************************************
〒830-0037
福岡県久留米市諏訪野町1830-6
えーるピア久留米内 久留米市男女平等推進センター
TEL 0942-30-7800 FAX 0942-30-7811
danjo-c@city.kurume.fukuoka.jp
http://www.elpia.kurume.fukuoka.jp

駐車場(有料)はありますが駐車台数に限りがありますので
なるべく公共交通機関をご利用ください。
***********************************************************

男性が自然に子育てに関わる社会って素敵ですよね。
子どもといい関係を築いて、男性も女性も輝きましょう♪

このセミナー、女性も参加できますので、ご夫婦でいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここまで読んでくださってありがとうございます。

私は、サークル活動で、絵本の読み聞かせや人形劇の上演をしています。
先日、人形劇の上演で小郡市の大原小学校に出向いたところ、
体育館に掲げてあった校歌の歌詞に目が留まりました。

校歌の作詞者は野田宇太郎氏!
前回、このメルマガでも紹介しましたが、野田宇太郎氏は、小郡市出身で、
詩人・編集者・文芸評論家として幅広く活動し、

「文学散歩」の創始者としても知られています。
昭和59年に74歳で亡くなっていますが、野田さんが作詞された校歌は
地元の小学生に脈々と歌い継がれていくのだと思うと、感慨深いものが
ありました。

筑後川流域近辺は、北原白秋(柳川市出身)、五木寛之(八女郡立花町出身)
壇一雄(柳川市出身)、児童文学者の与田準一(瀬高町出身)など、
偉大な文人を輩出していますね。

時間を見つけて「文学散歩」に出かけられたら・・・と思っています♪

※2月26日まで、小郡市の野田宇太郎文学資料館にて
「『五足の靴』100年-わかうどの靴音」開催中です(^^)

次回の配信は、3月6日です。どうぞお楽しみに。

下西 由紀子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【筑後川 メールマガジン】 No.18 Thursday Edition
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:森田 由紀 永吉 近子 ブログ協力:ミキティ

【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

◆ご意見ご感想など メールアドレス:meru@fcm-design.jp
◆購読申し込み/解除【アドレス変更&解除はご自分でお願いします】
http://www.mag2.com/m/0000235479.html

◆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
◆バックナンバー
http://blog.mag2.com/m/log/0000235479/
--------------------------------------------------------------------
掲載された記事の無断転載や無断引用は禁止です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンの「まるごと転送」は大歓迎です!


banner_02.gif
人気blogランキングへ

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/2/7号 発行
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<http://fcm-design.jp/mag/>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。

◆◇◆【INDEX】──────────────────────────
◇ 『SOHOスタイル』  by 深川
◇ 筑後川流域情報   Vol.41 SOHO-地域創造フォーラム
◇ おしゃべり情報BOX  NO.2 『日本一たい焼き』ドライブイン
◇ 野田宇太郎の足跡  1
◇ 編集後記 by 下西
───────────────────────────────◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『SOHOスタイル』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○

□ 深川 智恵美

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。

さて、昨年12月末まで、立花町で行われた『矢部川SOHOキャンプ2007』
http://soho.yabegawa.jp/
私が選んだ、“SOHOスタイル”を再認識する事ができました。

また、SOHO寺子屋では、講師の方々のお話に
http://soho.yabegawa.jp/event/seminar.html

SOHOが地域と関わる事により、新しい視点や発想が生まれ、新しい文化
(もしくは既存の文化の再生)や産業の活性化が起こる可能性があるという事
を感じました。

作られたものを消費するだけでなく新しく創っていく“SOHOスタイル”と
いう働き方の魅力を沢山の方にも知っていただきたいと思います。
それにぴったりのセミナーが福岡で開催されます。

どうぞ皆様、奮ってご参加くださいね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筑後川流域情報 Vol. 41 【SOHO-地域創造フォーラム】
福岡アジア美術館「あじびホール」で開催!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブロードバンド回線の普及とユビキタス環境の実現は、私達のライフス
タイル、ワークスタイルを大きく変えようとしています。

情報の一極集中の流れから、分散化を促進し、住みにくい都市から
自然豊かな地域での生活、就労を実現可能なものとしつつあります。

一方、都市部から離れた中山間地域は、若年層の都市部への流出による
高齢化、過疎化に悩んでいます。
地域独自の自然や文化など豊かな魅力を持っているにも関わらず、
利便性、商業集積による吸引力で、活気ある若年層を都市に奪われて
いるのです。

そのような地域の持つ悩みを解消するのがユビキタスの実現であり
また、そうした時代の流れを最もいち早く取り入れ、行動するのが
SOHO、とりわけクリエイターではないでしょうか?

魅力ある資源を持った地域で、心豊かなスローライフを楽しみ、また、
クリエイティブに生きたいと考えるSOHO、クリエイターの人々は
少なくないはずです。

このフォーラムでは、そのような時代の流れを受け、地域における
テレワーク、中でもクリエイティブな仕事を行うSOHOが地域で生活し、
地域で活路を見出すことが、ひいては地域再生に繋がるという可能性を
様々な立場から考えます。

■ プログラム■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼▼▼

◆ 第一部 基調講演「Creative Economy(価値創造経済)による地域再生」
14:30~15:30 講師: 武邑光裕氏(札幌市立大学教授付属図書館長)

◆ 第二部 報告「中山間地域におけるSOHOによる地域再生モデル」
15:40~16:20 講師:吹上剛一氏(有限会社アイ・ディー 代表取締役)

◆ 第三部 トークセッション「クリエイターが地域を創る!」
16:30~18:00 スピーチ: 武邑光裕氏
須之内元洋氏(クリエイター、札幌市立大学)
最首英裕氏(Rubyビジネスコモンズ)
田中由紀氏(福岡SOHOサポートセンター)
聞き手: 吹上剛一氏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲▲▲

■ 日時 平成20年2月29日(金)14:30~18:00(14時開場)
■ 場所 福岡アジア美術館「あじびホール」
福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル8階
■ 定員 120名
■ 会費 無料
■ 主催 福岡県、矢部川をつなぐ会
■ 後援 国土交通省九州地方整備局、総務省九州総合通信局
経済産業省九州経済産業局、福岡市、財団法人日本SOHO協会
財団法人九州システム情報技術研究所、福岡商工会議所
福岡県商工連合会、福岡SOHOサポートセンター
福岡コンテンツ産業拠点推進会議、株式会社NTT西日本-九州
筑後田園都市推進評議会(大牟田市・久留米市・柳川市・八女市
筑後市・大川市・小郡市・うきは市・みやま市・大刀洗町・大木町
黒木町・立花町・広川町・矢部村・星野村・福岡県)
■ 協力 特定非営利活動法人 高度IT人材アカデミー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
◆ 参加登録は、こちら http://forum.yabegawa.jp/

◆ お問い合わせ
SOHO-地域創造フォーラム事務局(有限会社アイ・ディー)
Tel 092-714-3907
mail forum@yabegawa.jp

※このフォーラムは、平成19年度都市再生モデル調査事業
(国土交通省)の一環でおこなっています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ おしゃべり情報BOX  NO.2  日本一たい焼 ドライブイン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「まぁ~いにち、まいにち、ぼくらは鉄板の~♪」

懐かしい歌を子供達が歌っていたので、「それ、泳げたい焼くん?」と聞くと
「何で知っとっと?」と意外な反応。

逆に「たい焼きってなんね?」と聞かれ、
これは教えねば!と、思い出したのがこのお店です。

久留米市大橋町の210号線沿いにある、『日本一たい焼き』善導寺店です。

以前から、気になっていたお店・・・。
通るたびに、お客さんも多く、入ることはなかったのですが、
子供達にもぜひ、たい焼きを食べさせたいと思い、先日行って来ました。

とても、目を引く大きなたい焼きの看板!
その下には『日本一たい焼き』ドライブイン
そして、「日本一から世界一へ」の文字・・・期待が膨らみます。

お店の中は、たい焼き待ちの方で、賑わってました。
たい焼きは1個140円
あずきと白あん、抹茶、カスタード味の4種類あり、
抹茶とカスタードの注文は午後3時までだそうです。

初めて、食べる子供たちには、やっぱりスタンダードなあずきだなと思い、
あずき餡のたい焼きを注文!
番号札を貰いしばらく待つと、番号を呼ばれ会計です。
子供達は、はじめて、たい焼きと対面することに・・・。

店内はスペースがあまり広くないため、
皆さん、外か車の中で食べていらっしゃいます。
我が家も早速、車の中で熱々を頂きました。
子供達は、「わっ!魚の形しとる。尻尾にもあんこが入っとるよ!」と
大はしゃぎで、食べてました。
日本一と謳うだけあって、外の皮はパリパリと香ばしく中のあんこは、
程よい甘さ・・・。
とっても、美味しかったです。

耳納連山を眺めつつ食べるたい焼きもいいものですよ。
お腹も心もHOTになりました。

因みにこちら、『博多の女』でお馴染みの二鶴堂さん が経営されており、
創業者の故橋本富市会長が「この鯛焼は日本一たい」と博多弁で言ったのが
きっかけとなり『日本一たい焼き』のネーミングとなったそうですよ。

=:*:==:*:==:*:==:*:==:*:==:*:==:*:==
お  店:日本一たい焼 ドライブイン
住  所:久留米市大橋町常持465-1
T E L:0942-47-3132
営業時間:10:00~17:00(売切れ次第終了)
お 休 み:月曜日(祝日の場合は火曜日)
※たい焼きは、あずき・白あん・抹茶・カスタードの4種類で、各140円
カスタードと抹茶は15:00までで販売終了です!
=:*:==:*:==:*:==:*:==:*:==:*:==:*:==

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 野田宇太郎の足跡 1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小郡市出身の野田宇太郎は、詩人・編集者・文芸評論家として幅広く活動し、
「文学散歩」の創始者として知られています。

筑後川メールマガジンは、野田宇太郎の様々な活動に共感し、その足跡を
メルマガ上で、少しづつ御紹介していく事となりました。

今回は、故郷小郡市松崎・桜馬場の詩碑にある野田宇太郎代表作である
「水鳥」の詩を御紹介します。


水 鳥 

みづうみ

たったひとつのやさしい部分

みづうみ

聲のない微笑の輪

はねをつけてとび立つ

ひそやかな愛


それを撃つな


『旅愁』より


※小郡市大板井の野田宇太郎文学資料館では、詩人与謝野寛(鉄幹)
や北原白秋ら5人による旅行記「五足の靴」が発表されてから100年が経過
したのを記念して、5人の書籍などを展示した特別企画展
「『五足の靴』100年‐わかうどの靴音」が、2月26日まで開催されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここまで読んでくださってありがとうございます。


先日、小郡市の“私の仕事SOHO”(女性の再チャレンジ支援講座)に
参加させていただきました。
皆さん、真剣な表情でパネリストのお話に耳を傾けていました。
この"やる気"を私たちの将来につなげるには、
もっともっと学習や体験の場を作るなどして、地域全体で盛り上げて欲しい。
そうすることで、「人」も「地域」も元気になれるのだと私は思います。

主婦パワー、ママパワーって予想以上に強力!?ですよね!(^^)

森田 由紀

:・:・:・:・:・:・:・:


最近、食品の表示の偽装や、農薬の問題など、「食」に関わる
ショッキングな出来事が多いですね。

あらためて「食の安全」について、考えさせられる毎日です。
私達が安心して食べられるもの・・・それは生産者の顔が見える食材を、
心を込めて調理したものではないでしょうか?

今「地産地消」が注目を集めているのは、やはり納得できますね。

筑後には、すばらしい食材がたくさんあります。

まずは、身の回りの食材を見直して、日常の「食」を大切にしたいものです。

今週より【筑後川メールマガジン】の編集スタッフに永吉近子さんが
加わりました。

ますます、充実した記事を皆様にお届けできるよう、スタッフ一同
頑張って参りますので、今後ともよろしくお願いしますm(__)m

次回の配信は、2月21日です。どうぞお楽しみに。

下西 由紀子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【筑後川 メールマガジン】 No.17 Thursday Edition
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:森田 由紀 永吉 近子 ブログ協力:ミキティ

【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

◆ご意見ご感想など メールアドレス:meru@fcm-design.jp
◆購読申し込み/解除【アドレス変更&解除はご自分でお願いします】
http://www.mag2.com/m/0000235479.html

◆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
◆バックナンバー
http://blog.mag2.com/m/log/0000235479/
--------------------------------------------------------------------
掲載された記事の無断転載や無断引用は禁止です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンの「まるごと転送」は大歓迎です!

banner_02.gif
人気blogランキングへ

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/1/31号 発行
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<http://fcm-design.jp/mag/>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。

◆◇◆【INDEX】─────────────────────
◇ 『出会いの喜び』by 深川
◇ 筑後川流域情報 Vol.39 筑後川なんでも発見団 Vol.2
◇ 筑後川流域情報 Vol.40 挑戦!真っ黒くろすけ竹炭作り
◇ 編集後記  by 下西
────────────────────────────◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『出会いの喜び』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○●●○

□ 深川 智恵美

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っております
ので、どうぞ宜しくお願い致します。

先日、広島へ編集長と行って参りました。(有)SOHO総研 代表取締役
であり、広島SOHO'クラブ代表の牛来千鶴さんに、お会いする為にです。

2時間半という短い滞在期間でしたが、共同オフィスを見学させて頂き、
起業の経緯や今までの活動について、いろいろとお話をお聞きする事が
できました。

沢山の方々との出会いの中にアイディアの種を見つけ、それを明確にし
周りの方と共有して、形にしていく牛来さんに沢山の刺激を受けて
帰って参りました。

さて、1月も本日で終了です。
今年も沢山の出会いの喜びを皆さんと共有していけたらと感じています。

皆さんが参加した、筑後川流域のイベントの感想もお待ちしております。
ぜひ、感動のお裾分けを・・・。
meru@fcm-design.jp
まで、メールお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筑後川流域情報 Vol. 39
  ~筑後川なんでも発見団 Vol.2・筑後吉井のおひなさまめぐり~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

筑後川まるごと博物館運営委員会は、筑後川とその環境を知り、
川に親しみながら楽しい体験イベントや講座、展示等を
筑後川発見館「くるめウス」で毎月行っています。

2月のイベントスケジュールは下記の通りとなっています。

◆ 2月2日(土) 14:00~16:00
筑後川の時代をたどる 「筑後川の詩人・丸山豊と戦争体験」

このシリーズでは、流域で活躍した人物をわかりやすく紹介し、
その業績を後世に伝えていきます。

郷土が生んだ詩人、丸山豊の戦争体験のドキュメンタリービデオを
見ながら、その生涯について語ります。

◇解 説・・・堂前亮平 氏 (久留米大学文学部教授)
◇場 所・・・筑後川発見館くるめウス 一般参加自由・無料

※    お問い合わせ・申込
筑後川まるごと博物館運営委員会 TEL 0942-33-2121
筑後川発見館 くるめウス TEL 0942-45-5042
 http://www.kurumeus.com/

◆ 筑後川まるごとリバーパークモニターツアー
~筑後吉井白壁の街・おひなさまめぐりと原鶴温泉~

白壁に土蔵が連なる筑後吉井は、
久留米から天領日田を結ぶ豊後街道の宿場町。
あわただしい現代を忘れそうな時代の止まった雰囲気の町です。

当時の面影を残す白壁土蔵の町並みをゆっくり散策しながら、
おひなさまめぐりをしませんか。

おひなさまめぐりの後、原鶴温泉の食事とお湯をお楽しみください。
日ノ岡古墳、珍敷塚古墳などの装飾も見学します。
古代のロマンを追いましょう。

◇実施期日:2月24日(日) ※申込み締切 2月15日
◇参加費  :5500円(昼食込み)
◇ツアーコース 
西鉄久留米駅前日本生命ビル前     出発 9:15
白壁の街・吉井のおひなさまめぐり 10:00~12:00
原鶴温泉(六峰館にて昼食と入浴       12:15~13:45
日ノ岡古墳見学  14:00~14:30
珍敷塚古墳見学    14:45~15:15
巨峰ワイン工場・紅乙女ごま焼酎工場見学 15:30~16::30
西鉄久留米駅             到着 17:30


※ツアーの内容は都合により変わることがありますので、
ご了承ください。

※このツアーはNPO法人 筑後川流域連携倶楽部および
筑後川まるごとリバーパーク推進協議会のネットワーク内で募集する
モニターツアーです。
※問い合わせ・申込み先  NPO法人 筑後川流域連携倶楽部
 〒830-0018 久留米市通町6-17 3F
  TEL:0942-33-2121  FAX:0942-33-2125
  Email: kic@kurume.ktarn.or.jp   

☆お名前、ご住所、連絡先、メールアドレスを添えてお申込みください。

おひなさまの季節となりました。
既に飾られているご家庭も多いのではないでしょうか。
筑後では、吉井や柳川のおひなさまめぐりが有名ですね。

私も一昨年柳川へ出掛けました。
いくつかのおひなさまをめぐると、作られた時代ごとの趣や表情が
ある事に気づきます。

また、何年もの間、家族の生活をひな壇から静かに見つめ続ける姿は
歴史そのものを感じさせる重みがあります。
これからも、地域全体で大事に受け継いでいきたいですね。

娘のおひなさま。まだ我が家に来て数年ですが、
家族の「トキ」を末永く見守り続けて欲しいと思います。

森田 由紀

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筑後川流域情報 Vol.40 『挑戦!真っ黒くろすけ竹炭作り』
                 おおにし農業小学校
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「おおにし農業小学校」には、小学生から大人まで、農耕に関心を
お持ちの方ならどなたでも入学できます。
親子連れの家族での参加も大歓迎です。

小学校といってもここには教室や机はありません。
田んぼや畑が教室で、指導するのは“農業博士”です。

“農業博士”とは、鶯西地区で農業をしている皆さんです。
事前に登録した小学生や保護者、そして農業体験希望者の方が
生徒で、毎月一回程度の登校日に田舎(いい仲)体験活動をします。

普段、なかなか親子の時間が取れないご家族の方も
「おおにし農業小学校」入学を機会に、自然、文化、人、食とふれあい、
共に学びませんか?

親の姿を子供たちに見せること、また成長著しい子供たちの姿を
見ることはお互いに何かを感じとり、得るものがあると思います。

今回は、2週にわたって『挑戦!真っ黒くろすけ竹炭作り』を実施します。
どちらか1日の参加の方も大歓迎です。

1日目は、2月16日(土)で、竹製材、窯入れ、火入れ、野菜収穫を
行います。
2日目は、窯入れから1週間後の23日(土)窯出しを行います。

今回は、竹だけを窯の中に入れるのではなく、果物・野菜も一緒に
入れて、『果物・野菜の炭オブジェ』作りにも挑戦します。
「こんな果物・野菜の炭オブジェを作りたい」と思われる物
(例;バナナ、パイナップル、ミカン、レモン、さつまいも、カボチャ 等々)
をご持参下さい!

2日目は昼食がありませんので、ご持参いただくか町内でとって
いただくことになります。
尚、グリーンピア八女にて「花かごご膳」(有料=1,050円)を事前に
ご予約いただいた方には、もれなく入浴無料券を差し上げます。
(子ども用には、お子様ランチ800円もあるそうです)

炭出しで真っ黒くろすけになった後は、グリーンピアでゆっくり温泉、
季節のランチで舌鼓というのはいかがでしょうか!

ご家族、お友達でお誘い合わせの上、「おおにし農業小学校」への
登校をお待ちしております。

[日 時]   平成20年2月16日(土)・23日(土) 
[ところ]   おおにしふれあいセンター
        http://oonishi-nousyou.com/page01.html
        http://oonishi-nousyou.com/page01-2.htm
[日程]
   ★ 1日目 2月16日(土) 
事前説明、竹製材、窯入れ、火入れ、野菜収穫
                     〈昼食・交流タイム〉
   ★ 2日目 2月23日(土) 窯出し、おみやげ渡し

[定員]  25名ほど(家族での参加大歓迎)
[参加費(2回分)]
★施設利用料・おみやげ代・通信費含む
             会   員→1,500円
             一般参加者→2,500円
              6才未満 →無料

※ 参加を希望される場合は、事務局斉藤まで連絡をお願いします。
     (0943-45-0556/090-3607-1268)

■おおにし農業小学校
http://oonishi-nousyou.com/

最近では、日常生活で、火を使う事が少なくなりました。
鶯西地区の自然の中での竹炭作りは、火のぬくもり、竹や炭の
良い香り、真っ黒になったみんなの笑顔と共に子ども達にとって、
忘れられない思い出になる事でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここまで読んでくださってありがとうございます。

昨日は小郡市主催の“私の仕事SOHO”(女性の再チャレンジ支援講座)
にパネリストとして、参加させていただきました。

定員を大幅に超える申し込みがあったそうで、
参加者の皆さんの表情を拝見していても、SOHOへの関心の高さや
多くの女性の「自分らしく働きたい」という強い想いを実感しました。

私のつたない経験をお話させていただきましたが、講座終了後、
多くの方からご質問をいただき、参加者の皆さんの“やる気”を感じ、
私も“元気”や“勇気”をいただいて帰ってきました。

何事も興味を持ったら、まずやってみること、そして続けていくこと。
シンプルなことですが、そこから道が開けていくような気がします。

「何かやってみたい!」
そう思われたら、まずは「筑後川メールマガジン」のサポーターとして
メルマガ作りに参加されませんか?

『サポーター登録』という件名で、こちらまでメールをお送りください。
meru@fcm-design.jp

皆さんの“やる気”をお待ちしています(^^)/~
次回の配信は、2月7日です。どうぞお楽しみに。

下西 由紀子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【筑後川 メールマガジン】 No.16       Thursday Edition
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:森田 由紀 ブログ協力:ミキティ

【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

◆ご意見ご感想など メールアドレス:meru@fcm-design.jp
◆購読申し込み/解除【アドレス変更&解除はご自分でお願いします】
http://www.mag2.com/m/0000235479.html

◆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
◆バックナンバー
http://blog.mag2.com/m/log/0000235479/
--------------------------------------------------------------------
掲載された記事の無断転載や無断引用は禁止です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

banner_02.gif
人気blogランキングへ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31