日常をキラキラした思い出に変える素敵な場所や体験が、 筑後川流域には沢山詰っています。 子育てしている皆さんと、その家族の為の筑後川流域に特化した メールマガジンです。ぜひ、流域の魅力を知って頂き、足を運んでみてください!

2011年8月アーカイブ

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2011/ 8/18号 発行☆★☆
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
<http://fcm-design.jp/mag/>
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
筑後川メールマガジンに登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

★ 【INDEX】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆
◆『アルカディア虹の会夏まつり』by 深川
◆『第39回城島ふるさと夢まつり』
◆『私流、ワークスタイルを求めて』 ■第3回「我が家のイクメン」
◆ 編集後記 by 下西
★ ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 『アルカディア虹の会夏まつり』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。
登録はこちらからお願いいたします。
http://fcm-design.jp/mag/cat14/

----------------------------------------------
お盆も終わり、いよいよ夏休みも終盤になりましたが、
皆さま夏の楽しい思い出は、できましたでしょうか?

今回は、久留米市宮の陣で、開催される
「アルカディア虹の会夏まつり」のお知らせを致します。
--------------------
■第4回「夏まつり」
--------------------
【日 時】9月2日金曜日18:00~21:00(雨天決行)
【会 場】久留米ビジネスプラザ アルカディアホール及び中庭
久留米市宮の陣町4丁目29-11
【内 容】
・出店 金魚すくい、ラムネ販売、ヨーヨー釣り、かき氷、生ビール、
ジュース、射的(屋内)など
・バルーン試乗会19:00~
バルーン(熱気球)をビジネスプラザ駐車場で上げます。
乗船希望者も募りますので、ふるってご参加ください。
・「グランバード」さんによるバンド演奏19:00~
オールディズとベンチャーズを愛する仲間と久留米を中心に活動中の
「グランバード」さんによる素敵な演奏をお楽しみください。
・ストリートダンス18:10~
「スタジオMJ」さんによるストリートダンスです。
・ビンゴゲーム  20:00~
素敵な景品の当たるビンゴゲームです♪参加費100円で、どなたでも
参加できます。収益の一部は、福祉基金に寄付します。

----------------------------------------------
アルカディア虹の会は、久留米オフィス・アルカディア地区内の
法人・事業所、並びに久留米ビジネスプラザに入居している
法人・事業所、及び個人の交流・親睦及び地区内の発展に
寄与する事を目的とした地域自治会です。
FCMデザインも会員になっております。

夏祭りは、会員企業15社による出店の出店を始め、バルーン試乗会、
バンド演奏、ストリートダンス、ビンゴゲームなど、
子どもにも大人にも楽しい出し物が盛りだくさん。

お時間宜しい方は、ぜひ、皆さま足をお運びくださいね。

深川 智恵美
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 『第39回城島ふるさと夢まつり』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

残暑お見舞い申し上げます。
毎日、毎日、暑い日が続いていますね。

今年は、すだれを買い、エコ生活を満喫しています。
水分補給等をして、熱中症に気を付け、この夏を乗り切りたいものですね。

今回は、少し先になりますが、「第39回城島ふるさと夢まつり」
のご案内です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「第39回城島ふるさと夢まつり」
【期 日】9月17日(土)【前夜祭】17:00~19:30
     9月18日(日)【まつり本祭】9:00~19:30
【開催場所】 久留米市城島町楢津 町民の森
【お問合せ】城島まつり実行委員会事務局(城島総合支所産業振興課内)
TEL:0942-62-2115 FAX:0942-62-3732
【H P】http://bit.ly/o0Dq6K

祭りのテーマ曲に乗って、大獅子&仮装パレードが通りを練り歩きます。

はっぴを着、赤と黒の大きな獅子の上に乗り、
向かい合って、競演する姿は、まさしく、圧巻です!!

平成11年に作られた赤獅子は、今回2代目となり、
初お披露目とのことです。

前夜祭は、
カラオケショーや物産店のフード半額コーナー等が開催されます。
こちらも、お見逃しなく!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私事ですが、メルマガの記事を書くようになって、
地元のことが、気になるようになりました。

私の住んでいる、久留米市城島町は、
主に農業(稲作、イチゴ)、酒造業が盛んな町です。
町の3大イベント、酒蔵まつりも楽しみの1つです(笑)

また、城島瓦は、約400年の伝統があります。
何百年もの風雨に耐えられる強度と、高い耐寒性を持ち合わせ、
深みのある光沢が美しい「いぶし銀」が特長です。

今日では、建築用のみならず、インテリア工芸品として、
モダンな花器やランプシェードなどの製造も行われているそうです。

いぶし瓦を使った、いかつい?いえ、ユーモアのある鬼面のモニュメントが、
町の数ヵ所に設置してあります。

「城島ふるさと夢まつり」の会場近くにある、
城島支所(役場)にもありますので、是非、探してみてくださいね♪

中村美穂子
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
女性ライターによるリレーエッセイ企画
■『私流、ワークスタイルを求めて』 ■第3回「我が家のイクメン」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
女性ライター団体「フォーレンシス」のメンバーによる、
リレーエッセイ企画、第3回です。
今回は、ご夫婦共働き&育児真っ最中の、大原由美子さんのエッセイです。

▼△▼===================△▼△
【第3回】「我が家のイクメン」
△▼△===================▼△▼

はじめまして。駆け出しフリーライターの大原由美子と申します。
「いつかフリーの仕事一本でやりたい!」と
ライターの勉強を始めたばかりの39歳です。
飽きっぽい私がここ数年はまっているのはカラーセラピー。
とうとう資格も取ってしまいました。
家族は夫と6歳の息子、猫のこむぎ、クワガタのさくらの5人です。

さて、今回は我が家の育児事情について、書いてみたいと思います。
私の夫は、イクメンとしてはまあ合格!…かな?

息子のオムツ換えは、外出先で当たり前にやっていましたし、
休日の夕食も良く作ってくれます。
お陰で私は資格取得の講座にも、子どもを夫に任せて
安心して通うことが出来ました。

実は、ここに至るまでは、紆余曲折がありました。
きっかけとなったのは、5年前の夫の離職。
私も働かざるを得なくなったのです。
これからは、何か起きたときお互いが支えあえるように自立しよう。
─共働きに向けて夫婦の再就職活動が始まりました。

交代で1歳の息子のお守りをして面接や職探しをする日々。
最初は戸惑っていた夫ですが、もうやるしかない状況。
その後2人とも何とか職を得たのです。

ある休日、用事で私は子どもを夫に託して外出しました。
夕方帰宅して私はがっくりと力が抜けました。
ホコリのたまった床、食べっぱなしの食器・・・。
家の中は朝のまま汚いのです。

「なんで私だけ?」。

平日の日中は会社に勤務。帰宅後は食事の支度や授乳。
隙を見て夜中にオムツを洗濯。
休日は横で昼寝している夫を尻目に一週間分の食料の買出しや掃除に雑用。
本当は疲れて誰かに助けて欲しくても、
それを口にすることにすら疲労を感じてしまう状態でした。

当時も夫は食器洗いや料理などをしていましたが、それでも私は不満でした。
なぜなら私の家事は「役割」で夫の家事は言われたらする、
または気が向いたらする「手伝い」で、責任がなかったからです。

あとで気づいたのですが、
私は夫を信頼して任せることが出来なかったんですね。
意地もあったと思います。
自立するとはすべてやることだ、と。
「仕事と家庭の両立とはその2つがパーフェクトに出来るということ。
だって世の中の女性はそれが当たり前なんだから私もそうでなきゃ」
そう思い込んでいました。

とうとう精神的にも肉体的にも限界になり、
私はやっと「パーフェクトな女」を手放しました。

まず夫に「自分のお弁当は自分で詰めてね」と頼みました。
寝坊すれば夫は小遣いで昼食を買うはめになります。
少し冷たいかな、と自分を責める気持ちを私はぐっとこらえ、
夫は弁当無しの日が続きました。

次に家事分担をしました。
夫「朝起きるのが弱いから夕食の片付けは俺がやるよ。あと夜のゴミ出しも」
私「じゃあ、ゴミ袋を買ってくるのも含めて役割でお願い」
こうして、お互いが得意分野をする家事体制を作っていきました。

共働きを始めてすでに4年が経過していました。
ようやく夫婦で最初に話し合った、「自立」の私たち流の形が
なんとなく見えてきたのです。
私は少し素直になり、夫は少し頼れる感じになりました。

そしてお互い「ありがとう」を言う回数が増えました。

イクメンに必要なのはまず自分で自分のことが出来ること!
それなくして、他人の世話(子どもの世話)なんて
表層だけになってしまうのではないでしょうか。

真のイクメンとは、「もし仮に妻が病気で倒れてもおろおろせず、
いつもと変わらない生活を子どもに過ごさせることが出来る男性、
我が家の日常を普段から分かち合っている男性のこと」じゃないかな、
最近そう思います。

そして、こっそり教えちゃいます。
イクメンを育てるのに必要なのは夫への信頼。
「あなたに任せた!」
と100%の信頼をボールに込めてトスすれば、
夫はしっかりレシーブしてくれます。

…と言いつつ、時にはチクリとした文句のトス&レシーブも。

でもいつか素晴らしいスパイクを決められるように、
家族でチームプレーをしていきたいな、と思っています。

::::::::::::::::::::::::::::::::

現在、大原さんは、会社勤めをしながら、フリーライターとして活動中です。
一方で、オーラソーマのコンサルタントを目指して、資格を取得するなど、
着実にステップアップしていらっしゃいます。

大原由美子さんのブログはこちらです。
http://soraironokomugi.blog.fc2.com/
大原さんの今後のご活躍が楽しみですね♪

★福岡ママライターズ・コミュニティ フォーレンシス★
http://www.facebook.com/forrensis
「フォーレンシス」についてのお問い合わせは、forrensis@gmail.comまで。
興味を持っていただけましたら、お気軽にご連絡ください。
毎月第3金曜日に、ライター交流会を開催しています。

:・:・:・:・:・:・:・:・:

【私流、ワークスタイルを求めて】第4回は、9月15日(木)号に掲載します。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 編集後記■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ここまで読んでくださってありがとうございます。

今回は「我が家のイクメン」というタイトルで
フリーライターの大原由美子さんに寄稿していただきました。
みなさんは、どのようにお感じになりましたか?

私は、文中の「意地」という言葉に、ハッとしました。

我が家では、休日になると、夫が進んで掃除や洗濯をしてくれます。
「ボクが手伝うと、迷惑そうな顔をするよね」
そんな風に、私は夫によく言われていました。

「家事を分担できれば嬉しい」
そう思っていたはずなのに、心のどこかに
「洗濯や掃除は、本当は私がやるべき仕事なのに」
という思いがあったのです。
それはまさに、私自身の「思い込み」や「意地」だったのでしょう。

いまだに夫が掃除や洗濯をすると、
どこか後ろめたい気持ちになる私ですが、
最近では素直に「ありがとう」が言えるようになった気がします。

「ありがとう」の数が増えるにつれ、
私の仕事に対して、夫が理解を示してくれるようになりました。
休日や夜間に、私の仕事が入っても、快く受け入れてくれるようになり、
気持ちもグーンと楽になりました。

「意地」というネジをゆるめたことで、私も働きやすくなったのです。
自分の動きを重くしていたのは、自分自身の心だったのかもしれません。


「夫を信頼して任せること」
「我が家の日常を普段から分かち合うこと」
大原さんのエッセイに、心に刻みたい言葉がいくつもありました。
忘れそうになったら、また読み返したいと思います。


お盆も終わり、夏休みも残すところ、2週間となりました。
この時期になると、夏の終わりが迫ってくるような気がして、
少し、センチメンタルな気分になりませんか?
しかし、まだまだ残暑は厳しそうです。
みなさん、体調を崩されないよう、くれぐれもご自愛ください。

:・:・:・:・:

次回の発行は9月1日(木)です。
どうぞ、お楽しみに。

下西 由紀子
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【筑後川 メールマガジン】 No.102 Thursday Edition
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子
ブログ協力:ミキティ
【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

banner_02.gif
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
女性ライターによるリレーエッセイ企画
■『私流、ワークスタイルを求めて』 ■第3回「我が家のイクメン」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
女性ライター団体「フォーレンシス」のメンバーによる、
リレーエッセイ企画、第3回です。
今回は、ご夫婦共働き&育児真っ最中の、大原由美子さんのエッセイです。

▼△▼===================△▼△
【第3回】「我が家のイクメン」
△▼△===================▼△▼

はじめまして。駆け出しフリーライターの大原由美子と申します。
「いつかフリーの仕事一本でやりたい!」と
ライターの勉強を始めたばかりの39歳です。
飽きっぽい私がここ数年はまっているのはカラーセラピー。
とうとう資格も取ってしまいました。
家族は夫と6歳の息子、猫のこむぎ、クワガタのさくらの5人です。

さて、今回は我が家の育児事情について、書いてみたいと思います。
私の夫は、イクメンとしてはまあ合格!...かな?

息子のオムツ換えは、外出先で当たり前にやっていましたし、
休日の夕食も良く作ってくれます。
お陰で私は資格取得の講座にも、子どもを夫に任せて
安心して通うことが出来ました。

実は、ここに至るまでは、紆余曲折がありました。
きっかけとなったのは、5年前の夫の離職。
私も働かざるを得なくなったのです。
これからは、何か起きたときお互いが支えあえるように自立しよう。
─共働きに向けて夫婦の再就職活動が始まりました。

交代で1歳の息子のお守りをして面接や職探しをする日々。
最初は戸惑っていた夫ですが、もうやるしかない状況。
その後2人とも何とか職を得たのです。

ある休日、用事で私は子どもを夫に託して外出しました。
夕方帰宅して私はがっくりと力が抜けました。
ホコリのたまった床、食べっぱなしの食器・・・。
家の中は朝のまま汚いのです。

「なんで私だけ?」。

平日の日中は会社に勤務。帰宅後は食事の支度や授乳。
隙を見て夜中にオムツを洗濯。
休日は横で昼寝している夫を尻目に一週間分の食料の買出しや掃除に雑用。
本当は疲れて誰かに助けて欲しくても、
それを口にすることにすら疲労を感じてしまう状態でした。

当時も夫は食器洗いや料理などをしていましたが、それでも私は不満でした。
なぜなら私の家事は「役割」で夫の家事は言われたらする、
または気が向いたらする「手伝い」で、責任がなかったからです。

あとで気づいたのですが、
私は夫を信頼して任せることが出来なかったんですね。
意地もあったと思います。
自立するとはすべてやることだ、と。
「仕事と家庭の両立とはその2つがパーフェクトに出来るということ。
だって世の中の女性はそれが当たり前なんだから私もそうでなきゃ」
そう思い込んでいました。

とうとう精神的にも肉体的にも限界になり、
私はやっと「パーフェクトな女」を手放しました。

まず夫に「自分のお弁当は自分で詰めてね」と頼みました。
寝坊すれば夫は小遣いで昼食を買うはめになります。
少し冷たいかな、と自分を責める気持ちを私はぐっとこらえ、
夫は弁当無しの日が続きました。

次に家事分担をしました。
夫「朝起きるのが弱いから夕食の片付けは俺がやるよ。あと夜のゴミ出しも」
私「じゃあ、ゴミ袋を買ってくるのも含めて役割でお願い」
こうして、お互いが得意分野をする家事体制を作っていきました。

共働きを始めてすでに4年が経過していました。
ようやく夫婦で最初に話し合った、「自立」の私たち流の形が
なんとなく見えてきたのです。
私は少し素直になり、夫は少し頼れる感じになりました。

そしてお互い「ありがとう」を言う回数が増えました。

イクメンに必要なのはまず自分で自分のことが出来ること!
それなくして、他人の世話(子どもの世話)なんて
表層だけになってしまうのではないでしょうか。

真のイクメンとは、「もし仮に妻が病気で倒れてもおろおろせず、
いつもと変わらない生活を子どもに過ごさせることが出来る男性、
我が家の日常を普段から分かち合っている男性のこと」じゃないかな、
最近そう思います。

そして、こっそり教えちゃいます。
イクメンを育てるのに必要なのは夫への信頼。
「あなたに任せた!」
と100%の信頼をボールに込めてトスすれば、
夫はしっかりレシーブしてくれます。

...と言いつつ、時にはチクリとした文句のトス&レシーブも。

でもいつか素晴らしいスパイクを決められるように、
家族でチームプレーをしていきたいな、と思っています。

::::::::::::::::::::::::::::::::

現在、大原さんは、会社勤めをしながら、フリーライターとして活動中です。
一方で、オーラソーマのコンサルタントを目指して、資格を取得するなど、
着実にステップアップしていらっしゃいます。

大原由美子さんのブログはこちらです。
http://soraironokomugi.blog.fc2.com/
大原さんの今後のご活躍が楽しみですね♪


☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2011/ 8/8 臨時号 ☆★☆
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
<http://fcm-design.jp/mag/>
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

筑後川メールマガジンスタッフより
暑中お見舞い申し上げます!

夏休みも中盤ですね。
楽しい思い出はできましたでしょうか?

今日は、夏休みにおススメの催しとして、
親子で参加できる「食」の体験講座をご案内します♪

「地産地消」「エコ」「食育」など、
親子で取り組むのにふさわしいイベントとして、ぜひご紹介したく、
今回は、臨時号でのご案内となりました。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ ~調理体験&栽培体験講座 ~■
  『親子でつくるお弁当&
    生ごみを活用してプランターで野菜作り。』
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*

 お弁当箱を持参して、親子で楽しくお弁当を作りましょう♪
 旬のお野菜を使った煮物、卵焼き、そぼろ、お漬物を作って、
 ご自分で盛り付けをしていただきます。

 お弁当が出来上がったら、作る時に出た生ごみを活用して、
 ご自宅で夏野菜を栽培できるプランターをプレゼント。

 土つくりをして野菜栽培を体験!
 この時のプランターは【くるめ食育フェスタ2011】に持参して
 参加されると、表彰を受けられます。

・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*・・*☆*

★┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛★

【日 時】8月27日(土)10:00~13:00
【場 所】道の駅くるめ 研修室
     住所:久留米市善導寺町木塚221-33
     TEL:0942-47-4111
 <アクセス>
  バス: 久留米市内より西鉄バス20・23番、
      吉井・うきは・田主丸方面バスにて、緑化センター前で下車。
  車 : 久留米市内より210号線を日田方面へ、
      210号バイパスご利用の方は、筑水高校前信号を左折。
      ※久留米ICより車で10~15分程度です。

 ■道の駅くるめ HP:http://www.michinoeki-kurume.com/
★┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛★

【予約受付】8月20日 15時まで

【定 員】親子15組(要予約)

【参加費】2,000円(プランター付き)

【参加申込&お問い合わせ先】
 ■NPO法人スローフード協会筑後平野事務局
 ・TEL:0942-31-5055(平日9:00~15:30)
 ・FAX:0942-38-0122
 ・メール:info@slow-chikugo.net

 ▼NPO法人スローフード協会筑後平野事務局のHPはこちらです▼
  http://www.slow-chikugo.net/

★┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛★

お盆が終わると、あっというまに夏休みも過ぎていきます。
今年の夏休みを締めくくる、素敵な思い出になること、間違いありません♪
お申し込みは、お早めに!

まだまだ猛暑は続きそうです。
みなさん、どうぞご自愛ください。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【筑後川 メールマガジン】臨時号 Monday Edition
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子
ブログ協力:ミキティ
【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

banner_02.gif
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2011/ 8/4号 発行☆★☆
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
<http://fcm-design.jp/mag/>
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
筑後川メールマガジンに登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

★ 【INDEX】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆
◆『小学生と大学生のふれあい教室』by 深川
◆『「子育てマップを作ろう!」のご案内♪』
◆『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪』Vol.28
◆ 編集後記 by 下西
★ ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 『小学生と大学生のふれあい教室』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。
登録はこちらからお願いいたします。
http://fcm-design.jp/mag/cat14/

----------------------------------------------
今回は、夏休み終了間近の小学生に、とっ~てもHAPPYな企画の
お知らせです。

学校の先生方よりちょっぴり?若い学生のお兄さん・お姉さんとの
異年齢のコミュニケーションも有りながら、
夏休み終盤の焦り気味な宿題もぐんぐん進む素敵な企画です。
★━━━━━━━━━━━━━━━★
■ 『小学生と大学生のふれあい教室』■
 http://bit.ly/pzGuyM
★━━━━━━━━━━━━━━━★
高等教育コンソーシアム久留米では、夏休み期間を利用した
「小学生と大学生のふれあい教室」を開催します。

「高等教育コンソーシアム久留米」連携校の学生が、小学生とふれあい、
楽しく「図工・習字・夏休みの宿題」などを指導します。

ぜひお気軽にお申し込み下さい!
※低学年のお子様は、保護者同伴でお願いいたします。

【開催日】8月21日(日)、8月23日(火)~26日(金)
【時 間】
 1限目10:30~12:00
 2限目13:00~14:30
 3限目14:40~16:10 (1日3回)
【内 容】図工・習字・宿題(計算ドリルなど)の指導
【募集期間】7月20(水)~8月12日(金)
【定 員】各項目(図工・習字・宿題)10名程度
※定員に限りがありますので、参加の可否については、
後日連絡いたします。
【場 所】高等教育コンソーシアム久留米 サテライトキャンパス
〒830-0031 久留米市六ツ門町3-11 くるめりあ六ツ門 6階
【主 催】高等教育コンソーシアム久留米 http://consortium-kurume.jp/
【申し込み先】高等教育コンソーシアム久留米
 サテライトキャンパス事務局
TEL・FAX:0942-32-7622
E-mail :kurume-sc@movie.ocn.ne.jp
【申し込み】
http://bit.ly/pzGuyM を印刷していただき、必要事項を
ご記入の上、上記FAX宛てにご送信下さい。(持参可)

または、参加者氏名、保護者氏名、ご住所、学校名(学年)TEL・FAX、
E-mailそして、参加ご希望される日時、
(例 8月21日(日)、1限目10:30~12:30 図工)
を書いてお申し込み下さい。
※複数日、複数時限選択可。ただし、1限1科目

※準備の都合上、8月12日(金)迄にお申し込み願います。
※ご提出いただきました情報は、適切に管理し、当教室のためのみの
利用とさせていただきます。

※「高等教育コンソーシアム久留米」は、久留米大学、久留米工業大学、
久留米信愛女学院短期大学、聖マリア学院短期大学そして
久留米工業高等専門学校の5つの大学などと久留米市が協力して
運営しております。
----------------------------------------------
子どもの頃、夏休み後半になると、残った宿題に、ため息をついたり、
夏休みが10日くらい延びないかなぁ~と思っていました。

私の子どもの頃に、こんな教室があったらどんなに嬉しかった事かと
本当に思います。(苦笑)

特に、図工や習字は、後回しになりがちです。この教室で一気に片付けて
すっきりしましょう!

定員がありますので、お早目の申し込みをお勧めします!

深川 智恵美
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 『「子育てマップを作ろう!」のご案内♪』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
8月になり、蝉の鳴き声も大きくなってきました。
夏休みも中盤に入り、子どもたちも夏休みを満喫していますね!
我が家では、夏休みに入る前に海水浴旅行へ行き、
すっかり夏のメインイベントが終わった気でいます・・・。

さて今回ご紹介するのは、各地で作成されている「子育てマップ」の
小郡版を作成するための講座です。
皆さんの知恵が、立派な「子育てマップ」になりますよ♪
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
~『ふくおか・みんなで家族月間』キャンペーン事業~

《子育てマップを作ろう!》 受講生大募集!!
【第1回】 9月13日(火) 会場:ひまわり館東野(小郡市三沢83-1)
「はじめまして こんにちは」~自己紹介ワークショップなど~

【第2回】 9月20日(火) 会場:ひまわり館東野
「さぁ、マップ作り開始!」~記事の内容、取材先の担当確認など~

【第3回】 10月7日(金) 会場:小郡市生涯学習センター
「いざ取材!でもその前に・・・」~取材のHow toを学ぼう!~

【第4回】 10月31日(月) 会場:小郡市生涯学習センター
「取材報告・原稿読み合わせ」~パソコン入力・編集作業~

【第5回】 11月7日(月) 会場:小郡市生涯学習センター
「いよいよ完成!?子育てマップ」~校正作業・入稿手続き~
*時間は、全回を通して10時~12時まで。
 但し、希望者は15時まで会場で自主活動ができます。

【講師】渡邊 福(さき)さん・岩本 玲子さん
(NPO法人 子育て市民活動サポートWill)
【定員】15名程度
(主に未就学児をお持ちの保護者の方・この講座に興味のある方)
【参加費】無料
【託児】あり*およそ4ヶ月児(首がすわったぐらい)からお預かりします。
【託児料】1日につき1人200円
【申込方法】小郡市生涯学習センター窓口・FAX・メールで次の事項を明記
の上お申込ください。
1,参加者のお名前(ふりがな) 2,年齢 3,住所 4,電話番号
5,託児の有無
6,託児のお子さんのお名前(ふりがな)・性別・生年月日
【申込受付期間】8月8日(月)~8月31日(水)まで
【申込・問合せ先】小郡市生涯学習課 学習・文化係
〒838-0142 小郡市大板井1180-1
TEL:(0942)72-2111<内線523>
FAX:(0942)73-5222 メール:ogori-sg@awg.bbiq.jp
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
次に・・・週末に行われるお祭りのご案内です!

『七夕さん』
8月7日に小郡の「七夕神社」で行われるお祭りです♪
七夕短冊に願いを込めてみませんか?
詳しくは、下記↓ホームページへ!
http://pishari.com/tanabata/hounou.html

最後に、我らが編集長、下西由紀子さんが開催するセミナーのご案内・・・

◆ことばstudio主催【夏休み子ども企画】◆
 小学生対象「自信を持って話そう!」
 中高生対象「伝わる話し方レッスン♪」

私も一度受講しましたが、とても実践向きで大変役に立つ
セミナーでした。
自由研究発表や放送コンテストなど、きっと役に立つことでしょう!
詳細はコチラをご覧ください↓↓↓
http://www.kotoba-studio.com/blog/879

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
≪子育てマップを作ろう!≫(全5回)では、
こだわりの「子育てマップ」を作成するそうですよ。

記事だけでなく、イラストも皆さんで作ってくださいとのこと。
絵を描くのが得意な方・好きな方、ぜひチャレンジしてみませんか?

東堂 めぐみ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪』 ■
☆.。.:*・Vol.28  8月の食とカラー☆.。.:*・
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
毎日、とっても暑いですね。
暑い日が続くと、食欲も落ちてしまいます。

そんなとき、水を張ったガラスの器に氷を浮かべ、そうめんを盛り付けたら
とても涼やかで、食も進みそうです。

色の効果に色彩面積効果というものがあります。

・アクセントカラー 5%

・サブカラー 25%

・ベーシックカラー 70%

この効果を食卓に取り入れてみませんか?

ちょっとしたカラー効果で、食欲アップにつながると思います。
アクセントカラーは料理、サブカラーは食器や小物類、ベーシックカラーは
食卓を含む空間や雰囲気。

例えは、白いダイニングに明るいテーブルクロスの食卓、
彩り豊かなお料理、気持ちも弾みそうだと思いませんか?
暑い夏、カラーを活かし、しっかり食べて夏バテ防止に役立てましょう♪

☆.。.:*・°☆

食卓のライトも、青みをおびた蛍光灯より、太陽光線に近い白熱電球の方が
料理をおいしく見せてくれるようです。

赤、橙、黄色など、暖色系は食欲をそそります。
ただし、夏は暖色系が多いと暑く感じるかもしれません。
そんな時は、アクセントカラーとして効果的に取り入れてみましょう!

☆.。.:*・°☆

気になる色などあれば教えてくださいね!
こちらへ ⇒ meru@fcm-design.jp

永吉ちか子
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 編集後記■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

夏休みも半ばですが、みなさんいかがお過ごしですか?

7月25日(月)、小学生のお仕事体験イベント
「ゲットキッズジョブ!フェア」に、参加させていただきました。
http://ameblo.jp/unreve-fukuoka/entry-10905402465.html
(主催:GET KIDS JOB!プロジェクト・NPO法人ecomam・
(株)グレイスクリエ)

作文教室サードプレイス主宰の山下まちかさんと、
ことばstudioの下西由紀子とが共同で出展したブースは、
「GKJ!キッズ報道部☆ライター隊」。
小学生にライター体験をしてもらおうという企画でした。

参加者には、「取材のしかた」のミニセミナーを受けた後、
会場内のお仕事体験のブースに取材に行き、実際に記事を書く、
という流れで、ライター体験をしてもらいました。

ネイリスト体験、看護士体験、マジシャン体験と、
それぞれのブースに取材に行った小学生達。
果敢にインタビューに臨むお子さんや、
恥ずかしがりながらも、聞いたことを一生懸命メモするお子さんなど、
それぞれ個性を生かした取材をしてくれました。

「思っていたより大変だった」
「記事が出来上がるまでに、たくさんの作業があることがわかった」

楽しさよりも大変さが印象に残ったお子さんが多かったようですが、
「仕事として書く」ことの重みを、
実感してくれたのではないかと感じています。

キッズライター隊の模様は、こちらにご報告いたしました。
http://www.kotoba-studio.com/blog/953
また7月27日(水)に、FBSの「めんたいワイド」でも放映されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近は、ツイッターやフェイスブックなど、
短い文での情報発信が盛んです。
私自身も、短い文の方が読みやすく、反応しやすいのは確かです。
時代の流れを見ても、長文より短い文章の方が、
社会のニーズに合っているような気がします。

でも、物事を順序立てて書く、とか、
状況を説明した上で自分の考えを述べる、
といった作文力も大事だと感じています。

それは、自分の思考を整理する上でも、非常に役に立つからです。
情報が氾濫している世の中だからこそ、人に流されず、
自分自身の気持ちや考えを整理する力が必要だと思うのです。

あらためて、小中学生の国語教育は大事だと感じる今日この頃。
そろそろ、我が子の夏休みの宿題に目を通さなくては・・・・(笑)

:・:・:・:・:・:・:

次回の発行は、8月18日(木)です。
どうぞ、お楽しみに♪

下西 由紀子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【筑後川 メールマガジン】 No.101 Thursday Edition
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子
ブログ協力:ミキティ
【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。


banner_02.gif

人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪』 ■
☆.。.:*・Vol.28  8月の食とカラー☆.。.:*・
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
毎日、とっても暑いですね。
暑い日が続くと、食欲も落ちてしまいます。

そんなとき、水を張ったガラスの器に氷を浮かべ、そうめんを盛り付けたら
とても涼やかで、食も進みそうです。

色の効果に色彩面積効果というものがあります。

・アクセントカラー 5%

・サブカラー 25%

・ベーシックカラー 70%

この効果を食卓に取り入れてみませんか?

ちょっとしたカラー効果で、食欲アップにつながると思います。
アクセントカラーは料理、サブカラーは食器や小物類、ベーシックカラーは
食卓を含む空間や雰囲気。

例えは、白いダイニングに明るいテーブルクロスの食卓、
彩り豊かなお料理、気持ちも弾みそうだと思いませんか?
暑い夏、カラーを活かし、しっかり食べて夏バテ防止に役立てましょう♪

☆.。.:*・°☆

食卓のライトも、青みをおびた蛍光灯より、太陽光線に近い白熱電球の方が
料理をおいしく見せてくれるようです。

赤、橙、黄色など、暖色系は食欲をそそります。
ただし、夏は暖色系が多いと暑く感じるかもしれません。
そんな時は、アクセントカラーとして効果的に取り入れてみましょう!

☆.。.:*・°☆

気になる色などあれば教えてくださいね!
こちらへ ⇒ meru@fcm-design.jp

永吉ちか子

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31