日常をキラキラした思い出に変える素敵な場所や体験が、 筑後川流域には沢山詰っています。 子育てしている皆さんと、その家族の為の筑後川流域に特化した メールマガジンです。ぜひ、流域の魅力を知って頂き、足を運んでみてください!

2011年10月アーカイブ

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2011/10/20号 発行☆★☆
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
<http://fcm-design.jp/mag/>
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
筑後川メールマガジンに登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

★ 【INDEX】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆
◆『ヘルマンハープ演奏会』by 深川
◆「布遊び作品展」「 筑後SAKEフェスタ」のご案内
◆【私流、ワークスタイルを求めて】第5回「7年ぶりの社会復帰」
◆ 編集後記 by 下西
★ ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ■ 『ヘルマンハープ演奏会』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。
登録はこちらからお願いいたします。
http://fcm-design.jp/mag/cat14/

★---------------------★
今回は、今週末に行われる2つのイベントをご紹介します。
気候の良い季節、皆様揃って、お出かけされませんか?

------------
今年の秋、野田宇太郎生誕祭(10月23日)に合わせ
NPO松崎歴史文化遺産保存会は
http://matuzaki.orz.ne.jp/
ヘルマンハープ演奏会」のイベントを行います!


■ ヘルマンハープ演奏会 ■

ヘルマンハープとは、ドイツ・南バイエルンの
農場主ヘルマン・フェーさんがダウン症の息子のために作った
楽譜が読めなくても演奏可能なハープ(竪琴)です。

ヘルマン・フェー氏(1935年生まれ)にはダウン症を持って
この世に生まれたアンドレアスさんという息子さんが
弾くことのできる楽器を求めてドイツ中を探し回りましたが、
ダウン症のアンドレアスさんがメロディーを
奏でることのできる楽器に出会うことはできませんでした。

そこで氏はアンドレアスさんが弾き進めて、
その才能を高めていくことのできる、新たな楽器を考案し
1987年ヘルマンハープが完成しました。

ヘルマンハープはヘルマン・フェー氏が開発した
オリジナルの楽譜(奏法譜)を、
弦の下にさしはさんで演奏します。

このオリジナルの楽譜は、音符の形状や大きさによって、
五線譜が読めなくてもメロディーを弾ける工夫がされています。
(ヘルマンハープ協会より抜粋)

さて、どんな楽器でしょうか?どんな音がするでしょうか?

【日時】2011年10月23日(日)13:00~14:00(入場無料)
【会場】旧旅籠 鶴小屋 http://g.co/maps/cms4r
福岡県小郡市松崎414-2
【お問い合わせ】 0942-72-9727

★---------------------★

■第25回筑後川フェスティバルin久留米
http://blog.ccrn.jp/?eid=953345

2011年10月22日(土)~23日(日)
【会場】筑後川防災施設くるめウス及び筑後川河川敷周辺
【主催】第25回筑後川フェスティバル実行委員会

「つなごう流域 川のきらめき 心のふれあい」をスローガンに、
筑後川流域の交流と連携を促進することを目的として、
開催される筑後川フェスティバルも25回目を迎えることと
なりました。

今年は、「筑後川防災施設くるめウス」と
筑後川河川敷周辺で、様々な催しが、開催されます。

流域市町村の名店が勢ぞろいした「筑後川のうまかもん市」や
遊覧船乗船体験会、子どもたちの環境学習発表会、防災スクール、
おもしろ自転車などが予定されています。

★---------------------★

実りの秋になると、筑後地域では、様々なイベントが開催されます。
ヘルマンハープの演奏を聴いて、音楽の秋もいいですね~。

筑後川フェスティバルでも『筑後川SUNSET LIVE 2011』が、
筑後川フェスティバルメインステージで、
開催されるそうです。
【日時】10月22日(土) 14:00~18:00
【出演者】浅岡雄也・中沢堅司・高杢禎彦・eT(EIJI・平義隆)

お時間宜しければ、ぜひ足をお運び下さいね♪

深川 智恵美

::::::::::::::::::::::::

今年も開催します♪

==================
◆◇◆ きものの和・輪・○ ◆◇◆
==================

【日時】11月3日(祝)11:00~15:30
【会場】久留米市石橋文化センター 小ホール
【内容】きもののファッションショー、ピアノ演奏、落語、仕舞など
    食品、久留米絣、アクセサリーなどの出店も多数。
【◎入場無料◎】
【お問い合わせ】久留米一番街「ちえぞう」
        TEL: 0942-36-6508
詳しくはこちらをご覧ください。
http://chiezo.yoka-yoka.jp/e749755.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『 「布遊び作品展」「筑後SAKEフェスタ」のご案内』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

秋本番!みなさんは、秋と言えば何ですか?
読書にスポーツ、行楽、そして、食欲、とさまざまありますね。

個人的には、学びの季節にしたいのですが、
やはり、食欲ですかね~(笑)

さて、今回は、布遊び作品展のご案内です♪

「布遊び作品展」
【期 日】平成23年10月30日(日)~11月3日(木・祝)
【時 間】10時~16時
【開催場所】モリタインテリア(株)ショールーム
TEL:0944-33-0123
【お問合せ】布遊びッ子 代表 本村菊枝

お気に入りの布が、色鮮やかな花を咲かせたり、
タペストリーやバックへ
また、赤ちゃんを包むベビーキルトや布のおもちゃにも。
無限に、楽しみを広げてくれる布遊び・・・

今回は、今春東京ドームで行われた、国際キルトフェスティバルでの、
入賞作品「夢をのせて」も展示されます。

是非、お出かけ下さい。

もう一つ、筑後SAKEフェスタのご案内です♪

「九州新幹線久留米駅開業記念 筑後SAKEフェスタ」
【期 日】平成23年10月22日(土)~23日(日)
【開催場所】久留米市六ツ門町9-1
【料 金】東町公園会場
飲み比べチケット/前売り 1,500円・当日 2,000円
【お問合せ】筑後SAKEフェスタ実行委員会  TEL:0942-44-3700
【H P】http://bit.ly/quNicr

酒どころ筑後を全国に発信!!

筑後地方は、酒蔵数がなんと、
全国第2位、17蔵がある全国有数の酒どころです。

筑後SAKEフェスタは、筑後の酒造りの豊かな文化を
全国に向けてアピールする、今回初のイベントです!
飲み比べできる、その数、100種以上!!

銘柄ごとの、個性豊かな味や香りを飲み比べ、
お気に入りの酒を、見つけてみては如何ですか?

また、地元の新鮮な食材を使った郷土料理などを
販売するコーナーもあります。
お酒を飲めない人やご家族連れも楽しめますよ♪

この記事を書いているだけで、顔がニヤけてしまいました(笑)
少し肌寒く、感じるようになりました。
ますますお酒が、おいしい季節ではないでしょうか・・・

中村美穂子
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 女性ライターによるリレーエッセイ企画
■『私流、ワークスタイルを求めて 』 ■第5回「7年ぶりの社会復帰」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

女性ライター団体「フォーレンシス」のメンバーによる、
リレーエッセイ企画も、第5回を迎えました。
今回は、昨年、仕事を再開させた、山本聡子さんのエッセイです。

山本さんは、以前、東京で編集プロダクションに所属し、
音楽雑誌等の制作実績を重ねた後、
フリーの編集者・ライターとしても、活躍していらっしゃいました。
出産・育児や転居による、約7年のブランクを経て、
福岡で再スタートを切った山本さんに、復帰劇をつづっていただきました。

▼△▼===================△▼△
【第5回】「7年ぶりの社会復帰」
△▼△===================▼△▼

私は現在、夫一人娘一人の30代。
結婚前は、地元東京の出版社勤務を経て、
フリーのライターと編集をしておりました。
体力的にきつい時もありましたが、気の合う仲間と好きな仕事をするという、
今思えばとても恵まれた環境におりました。

フリーの仕事にも慣れ、ようやく脂(あぶら)が乗りかかってきた頃に結婚、
そして妊娠。子育て中も、好きな仕事を迷わず続けるつもりでした。
ところが、妊婦中に受けていたお仕事の最中に、体調不良。
そのまま入院コースになってしまいました。
入院といっても、切迫早産による「絶対安静」。
動けませんが、とてもヒマなわけです。

そんなとき、「寝ながらできる仕事でもしてヒマつぶししたら」と、
友人から仕事の依頼。
私はベットをコックピットのようにパソコンだらけにして、
即席仕事部屋にて宿題にいそしみました。
個性派の入院仲間からも刺激を受け(笑)、
思わぬ快適なワーキングライフを送りました。
ところが、納品による安心と興奮のためか、病状悪化。
納品した日から数ヶ月の入院が決定したのでした。

産後は、またも懲りずにスケジュールの厳しい仕事を受け、体調を崩します。
そうこうしているうち、仕事はフェードアウトし、
地元を離れて福岡での子育て熱中時代に入りました。

仕事はというと、東京時代の友人に企画を出すくらいで、80%は専業主婦。
たまに仕事をしたいという衝動にかられるときはありましたが、
早いもので仕事を離れて7年が経過しておりました。

時は流れ、娘も小学校に入学し、「そろそろ新天地で仕事復帰だ」。
私はとても楽観的にスタートを切ろうと思い立ちました。

ところが。福岡が地元ではありませんし、7年も仕事から離れており、
思った以上に浦島太郎になっていたのです。
しかし、楽観的な性格なので真っ正面から勝負、
とハローワークの門を叩いてみることにしました。

担当者から「あなたのお仕事は昼も夜もないですよ、
お子さんがいると難しいわよ」と全くの正論を言われても、
気にもとめずに「編集者募集(終日勤務)」の書類選考用紙を提出しました。
結果は、郵送にて不合格!
さすがにこのときは、同封されていた見本誌と通知の紙がやけにズッシリと重く、
自信を喪失してしまいました。

そんな矢先、友人が旗揚げしたママライターチームが活動を開始。
少しづつ仲間もできはじめ、いよいよ復帰後初の仕事がやってきました。
高まる気合いとはウラハラに、何と取材日前夜にひどいインフルエンザに。
結果、紹介してもらった友人に尻拭いをしてもらうという、
非常に情けない形のスタートになってしまいました。
(その後、ありがたいことに再びお声をかけていただきましたが。)
今は少しづつ仕事が増え、以前より忙しい日々に、
うれしい悲鳴を上げております。


今回復帰してまず痛感したのは、今までにない緊張感です。
福岡での仕事は、土地も人もはじめてだらけ。
紹介していただいた方に迷惑をかけたくない、失敗したらどうしよう…と、
復帰前にはなかった臆病風に吹かれました。

・・・おりしも社会復帰一年生の私と同時期に、
娘も小学校に入学いたしました。
こうして社会体験のスタートを同時に切ったのですが、
初取材でもガチガチの私にくらべ、娘の方はすんなりと順応いたしました。

この不安感や孤独感を何とか払拭できたのは、福岡で知り合った仲間や、
完全に浦島な私にお仕事をくれた友人の温かさです。
このご時世に、本当にありがたかった。
信用していただいた気持ちを大切にしなければ、誠意を持ってこなさねば。
こんなに真剣に仕事に向き合うようになったのは、正直復帰してからでした。

考えれば、以前は目上のインタビュー相手や上司に意見をバンバン言ったり、
我を通したりして、完全に生意気な人間でした。
そんな青かった私に「感謝の念」が生まれたのは、
「長い休みの後の、少しトラブル含みの復帰劇」があったからだと思います。
すんなりと復帰できていたら、仕事に必要な謙虚さ、
人に親切にしてもらうありがたみに、気づかなかったかもしれません。

復帰して思ったこと、感じることはいろいろありますが、
浦島な私を引っ張ってくれた友人のように、
もし私が今までの経験が誰かの役に立つならば、
力になりたいと思っています。

「初心忘れるべからず。これからも一生勉強」。
人間性も仕事の能力もバージョンアップできるように、
日々精進していく所存でございます!

山本 聡子
::::::::::::::::::::::::::::::

現在、山本さんはライターとして、仕事を受注するだけでなく、
自ら企画した本の編集、制作にも取り組んでいらっしゃいます。
また、九州大学大学院特任教授である、お父様の研究事業にも
スタッフとして関わり、幅広くご活躍中です。

山本聡子さんのブログ「急いでタイトル考え中!」はこちら。
http://ameblo.jp/yakuzen-soil/

「微生物」「有機肥料」「エコ」の分野でも奮闘中、
(株)ソイルマイクロバイオロジー研究所のHPはこちらです。
http://www.soil-micro.com/

★福岡ママライターズ・コミュニティ フォーレンシス★
http://www.facebook.com/forrensis
「フォーレンシス」についてのお問い合わせは、forrensis@gmail.comまで。
興味を持っていただけましたら、お気軽にご連絡ください。
毎月第3金曜日に、ライター交流会を開催しています。

:・:・:・:・:・:・:・:・:

【私流、ワークスタイルを求めて】第6回(最終回)は、
11月17日(木)号に掲載します。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 編集後記■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

出かけるのに気持ちのいい季節になりましたね。
今回は、秋らしい催しをいくつかご案内しました。

また、女性ライターによるリレーエッセイ企画は、第5回となりました。
山本聡子さんの「7年ぶりの社会復帰」はいかがでしたか?

急速なインターネットの普及や進化により、
ここ数年、最も変貌しているのが、出版業界かもしれません。
紙媒体からWebへ移行する流れは、書くことをなりわいにしてきた人々に、
ある種の脅威を与えてきたことと思います。

そんな中、7年ぶりにライティングや編集の仕事を再開した山本さん。
大きく変化した世の中、知らない土地での社会復帰。
多くの実績を持ちながらも、山本さんが抱いた思いは、
私には想像もつかないものなのかもしれません。

でも、私にわかるのは、山本さんには「編集・ライティングの仕事が好き」
「絶対に、面白いものを作りたい」という、純粋な思いがあること。
そして山本さんの中に根付いている「編集者魂」は、7年のブランクにも
消えゆくことがなかった、ということです。

「純粋な気持ちで書かなければ、読む人の心には響かない」

ある時、山本さんがもらした一言に、彼女の強い信念を見た気がします。
7年の「子育て熱中時代」が、これから山本さんの仕事に
どのような深みをもたらすのか、ライター仲間として、
また同じ女性として、心から楽しみにしています。

:・:・:・:・:

次回の発行は11月3日(木)です。
どうぞ、お楽しみに。

下西 由紀子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【筑後川 メールマガジン】 No.106 Thursday Edition
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子
ブログ協力:ミキティ
【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。


banner_02.gif

人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 女性ライターによるリレーエッセイ企画
■『私流、ワークスタイルを求めて 』 ■第5回「7年ぶりの社会復帰」
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

女性ライター団体「フォーレンシス」のメンバーによる、
リレーエッセイ企画も、第5回を迎えました。
今回は、昨年、仕事を再開させた、山本聡子さんのエッセイです。

山本さんは、以前、東京で編集プロダクションに所属し、
音楽雑誌等の制作実績を重ねた後、
フリーの編集者・ライターとしても、活躍していらっしゃいました。
出産・育児や転居による、約7年のブランクを経て、
福岡で再スタートを切った山本さんに、復帰劇をつづっていただきました。

▼△▼===================△▼△
【第5回】「7年ぶりの社会復帰」
△▼△===================▼△▼

私は現在、夫一人娘一人の30代。
結婚前は、地元東京の出版社勤務を経て、
フリーのライターと編集をしておりました。
体力的にきつい時もありましたが、気の合う仲間と好きな仕事をするという、
今思えばとても恵まれた環境におりました。

フリーの仕事にも慣れ、ようやく脂(あぶら)が乗りかかってきた頃に結婚、
そして妊娠。子育て中も、好きな仕事を迷わず続けるつもりでした。
ところが、妊婦中に受けていたお仕事の最中に、体調不良。
そのまま入院コースになってしまいました。
入院といっても、切迫早産による「絶対安静」。
動けませんが、とてもヒマなわけです。

そんなとき、「寝ながらできる仕事でもしてヒマつぶししたら」と、
友人から仕事の依頼。
私はベットをコックピットのようにパソコンだらけにして、
即席仕事部屋にて宿題にいそしみました。
個性派の入院仲間からも刺激を受け(笑)、
思わぬ快適なワーキングライフを送りました。
ところが、納品による安心と興奮のためか、病状悪化。
納品した日から数ヶ月の入院が決定したのでした。

産後は、またも懲りずにスケジュールの厳しい仕事を受け、体調を崩します。
そうこうしているうち、仕事はフェードアウトし、
地元を離れて福岡での子育て熱中時代に入りました。

仕事はというと、東京時代の友人に企画を出すくらいで、80%は専業主婦。
たまに仕事をしたいという衝動にかられるときはありましたが、
早いもので仕事を離れて7年が経過しておりました。

時は流れ、娘も小学校に入学し、「そろそろ新天地で仕事復帰だ」。
私はとても楽観的にスタートを切ろうと思い立ちました。

ところが。福岡が地元ではありませんし、7年も仕事から離れており、
思った以上に浦島太郎になっていたのです。
しかし、楽観的な性格なので真っ正面から勝負、
とハローワークの門を叩いてみることにしました。

担当者から「あなたのお仕事は昼も夜もないですよ、
お子さんがいると難しいわよ」と全くの正論を言われても、
気にもとめずに「編集者募集(終日勤務)」の書類選考用紙を提出しました。
結果は、郵送にて不合格!
さすがにこのときは、同封されていた見本誌と通知の紙がやけにズッシリと重く、
自信を喪失してしまいました。

そんな矢先、友人が旗揚げしたママライターチームが活動を開始。
少しづつ仲間もできはじめ、いよいよ復帰後初の仕事がやってきました。
高まる気合いとはウラハラに、何と取材日前夜にひどいインフルエンザに。
結果、紹介してもらった友人に尻拭いをしてもらうという、
非常に情けない形のスタートになってしまいました。
(その後、ありがたいことに再びお声をかけていただきましたが。)
今は少しづつ仕事が増え、以前より忙しい日々に、
うれしい悲鳴を上げております。


今回復帰してまず痛感したのは、今までにない緊張感です。
福岡での仕事は、土地も人もはじめてだらけ。
紹介していただいた方に迷惑をかけたくない、失敗したらどうしよう...と、
復帰前にはなかった臆病風に吹かれました。

・・・おりしも社会復帰一年生の私と同時期に、
娘も小学校に入学いたしました。
こうして社会体験のスタートを同時に切ったのですが、
初取材でもガチガチの私にくらべ、娘の方はすんなりと順応いたしました。

この不安感や孤独感を何とか払拭できたのは、福岡で知り合った仲間や、
完全に浦島な私にお仕事をくれた友人の温かさです。
このご時世に、本当にありがたかった。
信用していただいた気持ちを大切にしなければ、誠意を持ってこなさねば。
こんなに真剣に仕事に向き合うようになったのは、正直復帰してからでした。

考えれば、以前は目上のインタビュー相手や上司に意見をバンバン言ったり、
我を通したりして、完全に生意気な人間でした。
そんな青かった私に「感謝の念」が生まれたのは、
「長い休みの後の、少しトラブル含みの復帰劇」があったからだと思います。
すんなりと復帰できていたら、仕事に必要な謙虚さ、
人に親切にしてもらうありがたみに、気づかなかったかもしれません。

復帰して思ったこと、感じることはいろいろありますが、
浦島な私を引っ張ってくれた友人のように、
もし私が今までの経験が誰かの役に立つならば、
力になりたいと思っています。

「初心忘れるべからず。これからも一生勉強」。
人間性も仕事の能力もバージョンアップできるように、
日々精進していく所存でございます!

山本 聡子
::::::::::::::::::::::::::::::

現在、山本さんはライターとして、仕事を受注するだけでなく、
自ら企画した本の編集、制作にも取り組んでいらっしゃいます。
また、九州大学大学院特任教授である、お父様の研究事業にも
スタッフとして関わり、幅広くご活躍中です。

山本聡子さんのブログ「急いでタイトル考え中!」はこちら。
http://ameblo.jp/yakuzen-soil/

「微生物」「有機肥料」「エコ」の分野でも奮闘中、
(株)ソイルマイクロバイオロジー研究所のHPはこちらです。
http://www.soil-micro.com/


☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2011/10/06号 発行☆★☆
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
<http://fcm-design.jp/mag/>
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
筑後川メールマガジンに登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

★ 【INDEX】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆
◆『星のであい展』by 深川
◆『祖父母のための孫育て講座のご案内♪』
◆『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪』Vol.30
◆ 編集後記 by 下西
★ ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ■ 『星のであい展』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。
登録はこちらからお願いいたします。
http://fcm-design.jp/mag/cat14/

★---------------------★

小郡のものづくりを伝える「星のであい展」も8回目の開催になります。

★☆★----------------------------------------------★☆★
「星のであい展 第8回」 http://sho-kobo.jp/190.html
★☆★----------------------------------------------★☆★

ここ小郡で、それぞれにこだわりと夢をもちながら
創作や活動を続けるものが集まり、小さな会をつくりました。

今はまだ小さいけれど、大きく輝く星になりたいと「星の会」と
名付けました。

お互いの仕事を大切にしながら、それぞれの作品、活動を
市内外に発信したいと考えています。

皆様とさらに交流を楽しめますように、それぞれの会場で
お待ちしております。

★---------------------★

★吉松庵(きっしょうあん)
◇なごみの空間(古民家ギャラリー)

・弓削都  藤工芸
・櫻井えつ子 ボトルフラワー
・木全 早月 のぼり旗
・中谷 優子 ビーズアクセサリー
・田籠 富子 たごもり農園(合鴨農法こだわり米)
・奥園 房代 布創作
【お問い合わせ】TEL・FAX 0942-75-4529
【会 場】小郡市美鈴の杜2丁目2-3

★MOTHER(多目的ギャラリー)
・藤野 佐代子 アメリカン トールペイント
・下川 信子 ギャラリー
・上田 博子 ザルツブルガーゲシェンク(木の実クラフト)
【お問い合わせ】TEL・FAX 0942-72-0815
【会 場】小郡市稲吉1314-2(七夕通り)

★布美(ふうみ)
・山田 美恵子 古布創作(振袖がウエディングドレスに!)
【会 場】小郡市稲吉40
【お問い合わせ】TEL・FAX  0942-73-5370

★翔工房(しょうこうぼう)
・田篭 みつえ 染織
【お問い合わせ】TEL・FAX 0942-72-8890
【会 場】小郡市山隈113-2

★久光農園
・久光 壽子 和の寄せ植え(花苗販売・陶芸教室もあり)
【お問い合わせ】TEL 0942-72-3756
【会 場】小郡市小郡1883-9

★花実アート
・牛嶋 君子 樹脂粘土(体験コーナー有り)
【お問い合わせ】TEL・FAX 0942-73-3435
【会 場】小郡市福童3336-4

★---------------------★
【日時】平成23年10月28日(金)~30日(日) 10:00~16:00
【場所】吉松庵/布美/MOTHER/久光農園/花実アート/翔工房
【事務局】〒838-0113小郡市山隈113-2
/翔工房(ショウコウボウ)田篭(タゴモリ)みつえ
【電話&FAX】0942-72-8890(OPEN:水・木・土 10:00~16:00)
★---------------------★

小郡の物づくりの作家さん達が毎年開催されている「星のであい展」も
8回目になりました。

たわわに実る稲穂の田園風景が印象的なチラシも配布されています。
小郡の自然の中ではぐくまれた感性は、「星のであい展」の名の通り、
回を重ねた分だけ、一段ときらめいていることでしょう。
ぜひ皆さま、足をお運び下さいね。

また、先週お知らせしました、筑後市の『~夢を現実に~起業準備講座』
申し込みが10月11日までとなっています。
http://fcm-design.jp/mag/cat18/9/62/
気になっている方は、この機会にぜひご参加下さいね!

深川 智恵美
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『祖父母のための孫育て講座』のご案内♪■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
我が家は、ようやく小学校の運動会が終わり、親子共々、
安堵していますが、今度の日曜に開催される小郡市の
運動会に我が子が出場するので、まだまだ油断は出来ません。

皆さまの地域では、運動会は終わりましたか?

今回は、祖父母のための講座をご案内します!
親子だけでなく、おじいちゃん・おばあちゃんとお孫さんの講座です。

講座の間、おじいちゃん・おばあちゃんにお子さんを預けてみませんか?
◆------------------------------------◆
小郡市家庭教育学級「祖父母のための孫育て」講座 幼児編
『見守りと共有から生まれる 孫の未来』

孫はかわいいけれど、自分の子育てはかなり前のこと・・・
かわいいお孫さんとのふれあいの時間を一緒に過ごしませんか・・・?

【講師】佐藤靖典さん(NPO法人福岡県レクリエーション協会理事)
【日時】10月30日(日) 10:00~12:00(受付9:30~)
【会場】小郡市生涯学習センター 研修室
住所:小郡市大板井1180-1
【対象】2歳~就学前のお孫さんと祖父母
※お孫さんと一緒に参加してください。
【定員】先着12組(要予約) ※定員になり次第締め切ります。
【参加費】無料
【持参品】筆記用具 ※動きやすい服装でご参加ください。
【申込方法】小郡市生涯学習センター窓口・FAX・Eメールで
次の事項を明記の上お申込みください。
・参加される祖父母のお名前(ふりがな)、年齢、住所、電話番号
・お孫さんのお名前(ふりがな)、生年月日、性別
【申込・問合せ先】小郡市生涯学習課 学習・文化係
〒838-0142 小郡市大板井1180-1 小郡市生涯学習センター内
TEL:(0942)72-2111<内線523>  FAX:(0942)73-5222
Eメール:ogori-sg-awg.bbiq.jp

◆------------------------------------◆

おじいちゃん・おばあちゃんとお孫さんが仲良く遊ぶ、絶好の機会ですよ♪
「じいじ・ばあば」との時間をつくってみてはいかがでしょうか?
お母さんも安心して、「じいじ・ばあば」に預けてみてください!

東堂 めぐみ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『 カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪ 』 ■
☆.。.:*・Vol.30  10月の秋色☆.。.:*・
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

秋の空が広がるこの頃、一段と寒さが増してきましたね。
『食欲の秋』『読書の秋』『スポーツの秋』など、秋は楽しみが一杯です♪

☆.。.:*・°☆

これから、自然界は色づき、深みを増して行きます。
落ちついた色合いは、暖かくちょっとゴージャスな感じを受けますね。

そんな秋の色が似合う方は、

肌…陶器のようにツルンとしたマットな感じ
瞳…ブラウンやダークブラウン
髪…深いブラウン、艶がある

などの特徴があります。

セルフチェックをしてみて当てはまると思ったら、
秋の色が似合うのかもしれません!

イメージは都会的でスポーティーな感じです。

似合う色は、特に顔周りに持ってくると肌を綺麗に見せ
生き生きと見えます。

イベントも多い季節、おしゃれも楽しみましょう!
【秋タイプのカラー】
サーモンピンク・ゴールド・マスタード・ディープオレンジ・
ダークブラウン・マリンブルー・パープル・コーヒーブラウンetc

☆.。.:*・°☆

皆さんの気になる色など教えてくださいね!
こちらへ ⇒ meru@fcm-design.jp

永吉ちか子

:::::::::::::::::::::::::::

【SOHOフェア2011】開催

SOHO事業者やSOHOに発注したい企業が集い、交流を深めるイベントです。
SOHOという働き方に興味がお有りの方も、是非、ご参加ください。

■日 時:10月21日(金)13:00~16:30 (12:30開場)
■場 所:アクロス福岡 (福岡市中央区天神1-1-1)
■参加費:無料(定員 先着200名)※無料託児あり(要予約)
★詳しくは、福岡SOHOサポートセンターのHPをご覧ください。
http://www.sohofukuoka.com/cgi-bin/info.cgi

:::::::::::::::::::::::::::

【ちくごSOHO塾アカデミックカフェ】のご案内

「ちくご元気計画」と「ちくごSOHOプロジェクト」双方の
エッセンスが詰まった「ちくごSOHO塾アカデミックカフェ」が
今年も始まりました。

■今後の日程:10/8、11/19、12/10、1/28 いずれも土曜 15:00~17:00
■会 場:ちくご元気計画Showroom http://chikugo-pr.net/showroom/
★詳しくは、九州ちくご元気計画の推進員ブログをご覧ください。
http://bit.ly/ru1Mg5

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 編集後記■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

10月に入り、急に秋めいてきましたね。
急激な気温の変化で、体調を崩した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

先日、「おもちゃコンサルタント」の資格を持つ女性を、取材しました。
その方は私と同世代で、子育て真っ最中。
10年以上、教育にも携わってきた、その女性の言葉で、
心にズシンと響いたことがあります。

「ある時期から、子ども達が変わった。
何かを問いかけても反応が遅く、創造力とか、物を考える力、
自分で何とかして生きて行こうという力が、弱くなってきている。
それは、みんなが携帯電話を持ち始めた時期から。
そして、子ども達の変化には、親が変わったという背景がある」と。

ケータイを片時も放さず、メールやゲームに熱中している若者の姿。
短い言葉と絵文字だけで通じてしまう、メールのやりとり。
もちろん、私も他人事ではありません。

対しているのは、「人」なのか、ケータイという「モノ」なのか?
使いこなしているつもりの「モノ」に、
逆に「ヒト」があやつられているのでは?
そこから奪われていくものが、創造力とか思考力であるとするなら、
子ども達の未来はどうなっていくのだろう?

示唆に富んだ一言で、いろんなことが頭をよぎりました。

「おもちゃコンサルタント」のその方が、教えてくれたことがあります。
「日本は世界屈指の玩具王国なんですよ。
あやとり、お手玉、折り紙、コマ・・・
親子で楽しめるものがたくさんあるでしょう。
将棋なんて、山崩しとか、まわり将棋とか、いく通りにでも遊べる!」と。

この言葉を聞いて、私は、子ども達と将棋をやろうと思いました。
父の遺品である将棋盤を持ち出して。
昔、父が教えてくれたように、我が子達に手ほどきをしながら・・・。

さぁ、みなさんは秋の夜長、どのように過ごされますか?

:・:・:・:・:

次回の発行は10月20日(木)です。
どうぞ、お楽しみに。

下西 由紀子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【筑後川 メールマガジン】 No.105 Thursday Edition
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子
ブログ協力:ミキティ
【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

banner_02.gif
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『 カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪ 』 ■
☆.。.:*・Vol.30  10月の秋色☆.。.:*・
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

秋の空が広がるこの頃、一段と寒さが増してきましたね。
『食欲の秋』『読書の秋』『スポーツの秋』など、秋は楽しみが一杯です♪

☆.。.:*・°☆

これから、自然界は色づき、深みを増して行きます。
落ちついた色合いは、暖かくちょっとゴージャスな感じを受けますね。

そんな秋の色が似合う方は、

肌...陶器のようにツルンとしたマットな感じ
瞳...ブラウンやダークブラウン
髪...深いブラウン、艶がある

などの特徴があります。

セルフチェックをしてみて当てはまると思ったら、
秋の色が似合うのかもしれません!

イメージは都会的でスポーティーな感じです。

似合う色は、特に顔周りに持ってくると肌を綺麗に見せ
生き生きと見えます。

イベントも多い季節、おしゃれも楽しみましょう!
【秋タイプのカラー】
サーモンピンク・ゴールド・マスタード・ディープオレンジ・
ダークブラウン・マリンブルー・パープル・コーヒーブラウンetc

☆.。.:*・°☆

皆さんの気になる色など教えてくださいね!
こちらへ ⇒ meru@fcm-design.jp

永吉ちか子

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31