日常をキラキラした思い出に変える素敵な場所や体験が、 筑後川流域には沢山詰っています。 子育てしている皆さんと、その家族の為の筑後川流域に特化した メールマガジンです。ぜひ、流域の魅力を知って頂き、足を運んでみてください!

2012年1月アーカイブ

☆ ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012/1/26号 発行☆★☆
 【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】 
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆ ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
 情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
 筑後川メールマガジンに登録してくださった、皆様ありがとうございます!
 どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。 

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・ 
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。 
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

 ★ 【INDEX】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆ 
◆『久留米大学ベンチャー育成講座2011 』by 深川 
◆『「日吉神社 成田山 節分祭」のご案内♪』 
◆『となりの考古学 ~福岡にまつわる遺物たち~』
 ◆ 編集後記 by 下西 ★
☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆

 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ■『久留米大学ベンチャー育成講座2011 少子高齢化とビジネス 2』■ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 こんにちは!FCMデザインの深川です。 

登録してくださった皆様、有難うございます。
 このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っておりますので 
どうぞ宜しくお願い致します。 
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。
 登録はこちらからお願いいたします。
★---------------------★ 

久留米大学ベンチャー育成講座2011のお知らせをいただきました。
 内容は、昨年にひき続き「少子高齢化とビジネス」で、 
今回は少子化に焦点を絞られています。 

----------------------------------
 ◆久留米大学ベンチャー育成講座2011 ~少子高齢化とビジネス2 
----------------------------------

少子高齢化がすすむと、人口の減少や
 生産労働年齢人口割合の低下、人口扶養率の上昇、 
社会保障の支出増加などにより、社会と経済に 
大きな影響が出てきます。

 少子社会は今までのような成長路線とは 
異なった様相になり、需要構造が変化し、 
それに伴って産業構造やそのあり方の変容に迫られます。 

 生産労働年齢人口割合の低下とともに、
 女性の社会進出が進んでいる現在では、
 出産や育児、教育などのサポートへの需要が増え、 
それらにかかわる新しいビジネスが発生する機会となります。 

 少子高齢化は日本だけでなく、世界共通の現象であり、
 東アジアの中国や韓国も急速に少子高齢化してきています。 

日本で成功したビジネスモデルは、中国や韓国にも
 適用できる可能性が大きく、その意味で大きなビジネスチャンスとなります。

 このビジネスチャンスを把握し、どのようにして
 新たに起業すればよいかを考えるのがこの講座の目的です。

 このテーマは昨年から引き続いたもので、 
本年は第2回目で主に少子化に焦点を絞り、
 ビジネスをどう展開するかを学び、ビジネスモデルを作り上げましょう。 

 【会場】
 1. 2012年2月18日(土)、2月25日(土)、3月3日
 ◆久留米ビジネスプラザ 久留米市宮ノ陣4丁目29-11 
TEL:0942-31-3104 FAX:0942-31-3107

 2. 2012年2月22日(水)、2月29日(水)
 高等教育コンソーシアム久留米 くるめりあ六ツ門(旧ショパーズ)6階 
久留米市六ツ門町3-11 
TEL/FAX 0942-32-7622

 【実施期日】
 1. 2012年2月18日(土)10:00-12:00 久留米ビジネスプラザ 
 オリエンテーションと講義
 【講座】「ビジネスモデルの作成について」
 【講師】飯盛 敦博 (ていすとビジネスサービス代表) 

 2. 2012年2月22日(水) 18:30-20:00 高等教育コンソーシアム久留米
 【講座】「少子高齢化社会の様相」
 【講師】原田 康平 (久留米大学経済学部教授) 

 3. 2012年2月25日(土) 10:30-12:00 久留米ビジネスプラザ 
【講座】「社会のウオンツに応える─そこにビジネス在り!!」 
【講師】池内 比呂子(株式会社テノ・コーポレーション社長) 

4.2012年2月29日(水) 18:30-20:00 高等教育コンソーシアム久留米
 【講座】「子供の育つ地域社会づくり」 
【講師】長阿彌 幹生(教育文化研究所代表)

 5.2012年3月03日(土) 14:00-17:00 久留米ビジネスプラザ
 ビジネスモデルの発表と評価 

 【コメンテーター】 伊佐 淳   (久留米大学経済学部教授)
松田 一也  (九州経済産業局地域経済部地域経済課長) 
野上 禎英  (久留米市商工労働部新産業創出支援課長)
上原 武信  (川邊事務所・福岡ビジネス協議会)
 【コーディネーター】 駄田井 正 (久留米大学経済学部教授)

 ビジネスモデル発表者には粗品を進呈します。

【主催】 久留米大学経済学部  共催 久留米市 
【問い合わせ先】 久留米大学御井学舎 TEL 0942-43-4411 内線 223 
終了後 交流会(かっぱ洞・当日ご案内します)
 ---------------------------------------------------
 今回の久留米大学ベンチャー講座は、女性にとって身近な、 
少子化がテーマになっています。 
子育てや子どもを育てる地域社会の様々な課題や、 
それを解決するビジネスについて、そのデーターや事例が、
 語られる事と思います。

 自分達が困っている事、悩んでいる事が、
 どうビジネスに繋がっていくか。
 どんなビジネスが、考えられるのか。
 とても、興味深い講座ですので、お時間がある方は、
 ぜひ、足をお運びください。

 深川 智恵美 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 
■ ■『「日吉神社 成田山 節分祭」のご案内♪』 ■ 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 

2012年が始まりましたが、早くも、1月の後半となりました。
今週は、雪の予報がでたり、また寒さが厳しくなりましたね。

 先週、娘の通う小学校では、インフルエンザが流行し、 
1学年、2学年が学級閉鎖となりました。 
クラスでA型とB型が同時に発生し、両方かかった子もいたそうです。

 うがいや手洗い、マスクを着用するなど予防を心掛けたいと思います。 

 さて、今回は、節分祭のご案内です。
 ・★。・☆。・★。・☆。・★。・☆。・★。・☆。・★。
 『日吉神社 節分祭』
 【期 日】 2012年02月03日
 【開催場所】久留米市日吉町106
 【時 間】追儺の儀10:00~豆まき17:00、18:00、19:00(19:30終了) 
 【お問合せ】 日吉神社  Tel:0942-32-3770

開運厄よけ商売繁盛を祈願する、恒例の節分祭です。 
午前10時より追儺の儀があり、豆まきは午後5時より始まります。 

また豪華商品が当たるクジ付き福豆(当日500円)も販売され、
 多くの参拝者が集まります。 
会場では福ザサやあめ湯が無料で振舞われます。

 『成田山 節分祭』
 【期 日】2012年02月05日
 【開催場所】所在地 〒830-0052  久留米市上津町1386-22
 【時 間】 豆まき11:00(12:00過ぎに終了予定)
 【お問合せ】成田山久留米分院  Tel:0942-21-7500

 一年の厄を祓い、多幸を願う成田山節分祭が今年も開催されます。
 
開運・厄除け祈願を受けた年男・年女がまく約2万5千袋の福豆には、
 豪華景品が当たる抽選券が入っており、
 平成23年は福豆を求める約2000人の参拝客で賑わいました。

 ・★。・☆。・★。・☆。・★。・☆。・★。・☆。・★。

 節分は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬) 
の前日のことをいいます。
 特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いようです。 

季節の変わり目には、邪気(鬼)が生じると考えられており、 
それを追い払うための悪霊ばらい行事が、 
平安時代頃から行われているそうです。 

関西では、立春の前日の節分の日に、恵方を向いて太巻き(恵方巻)を、
 目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら、かじりする 
習わしがあるそうです。

 いつの頃からでしょうか?
 私たちの住んでいる地域でも、
 恵方巻や今年の方角が話題になるようになりましたね。

 今では、太巻きだけでなく、
 ロールケーキなどの菓子類も数多く見られます。 
便乗商品だなぁ~!と思いつつ、 子供たちの喜ぶ顔が目に浮かび、
つい買ってしまうんですよね(笑)

 中村美穂子

 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ■となりの考古学 ~福岡にまつわる遺物たち~(全3回)■  
 ◎ 第1回 ◎ 子をはらむ、産むかたち
 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 
はじめまして、本村文です。
 10代で考古学と出会い、20代で専門的に学び、 
今年ついに夢かなって、考古学をからめた記事を書くことになりました。 

どことなくおカタいイメージのつきまとう考古学ですが、 
人の想いがこもったもの、笑いがこみ上げてくるものなど、
 親しみやすい遺物が土の中から顔を出すことがあります。

 その一例を紹介しましょう。

 :・。・:・。・:・。:・。・:・。 

ふくらんだ胸、前にはり出したお腹...... 
けっしてメタボなおじさまではありません。
 縄文時代に作られた土偶は女性、とくに妊婦を表したものが多いんです。 

妊娠土偶とよばれる、大きなお腹の土偶は福岡県内でも発見されています。

 築上郡上毛(こうげ)町にある、 
東友枝曽根(ひがしともえだそね)遺跡から見つかった
 妊娠土偶の手足は欠けていますが、 
土偶はこんなふうに壊れた形で見つかることがほとんど。 
そため、安産や病状の回復を願って作られた
 「身代わり」だったとも考えられています。

 この土偶、お腹が下がっているところをみると臨月間近でしょうか。
 妊娠の週数が進むにつれ、ふくよかになっていく体。 
わたし自身も妊婦なので、実感をこめて一言。
 「妊婦って本当、こんな体型です」

 ところで、百聞は一見にしかず。

 東友枝曽根遺跡出土の妊娠土偶がどんな姿をしているのか、

 興味のある方はどうぞ、わたしのブログを覗いてみてください。
実物は、ただいま九州国立博物館の文化交流展示室で見ることができます。 
本物に向き合うと、思わぬ発見があるかもしれませんよ! 

 :・。・:・。・:・。:・。・:・。 
 その昔、妊婦は命がけで出産にのぞみました。 
今とは比べものにならないほど、母子ともに死亡率が高かったんです。 

縄文時代の巨大な集落が発見された、 
青森県・三内丸山(さんないまるやま)遺跡。

この遺跡からは、埋甕(うめがめ)という、 
胎児~生後1年の乳幼児をおさめた墓が数多く発見されました。
 その数、大人の墓の約6倍。 

この遺跡で暮らした人々の平均寿命は30歳前後だったそうです。
 2010年度の平均寿命は83歳ですから、なんて短い一生だったんでしょう。 
(※参考:WHO 世界保健統計2010年) 

今よりも世代交代が頻繁に行われていた時代、
 赤ちゃんといえども、いずれは集落の存続にかかわる大切な存在でした。
 宿した命、産んだ命が育たずに絶えるというのは、 
親やその家族の悲しみにとどまらず、集落全体の悲しみでもあったようです。

 人々が暮らしていた住居のそばに埋甕を埋めたのも
 「今度こそ生まれておいで」 「すぐにでも、また産まれておいで」 
そんな切なる願いの表れだったのでしょう。

 :・。・:・。・:・。:・。・:・。

 ところで、分娩台がなかった時代、 
日本女性は座産(ざさん)といって、座って子を産み落としました。 
たしかに座った姿勢のほうが、
 分娩台に横たわるよりも何だか力が入りやすそうです。

 岩手県の東裏遺跡から見つかった、中腰の土偶は 
出産している姿に見えなくもありません。
アゴを上げ、手をぐっと握っていきんでいるのかしら。 
座産を見たり、経験した人の意見を一度うかがってみたいものです。 

 見る人によって、見え方が違うのが土偶の魅力のひとつ。 

今はネット検索で、簡単に国宝級の土偶を見物できる時代です。 
縄文のビーナスや合掌する土偶、 
そして教科書でもおなじみの極端に大きな目をした遮光器(しゃこうき)土偶。
 個性ゆたかな土偶の中から、
 あなたのお気に入りを探してみるのも楽しいかもしれません。
 _______________________________ 
本村 文(もとむら ゆき)
 ライター。大学では考古学を専攻。専門は人物を模した埴輪。 
卒業後、埋蔵文化財関係の職場に勤めた。 
_______________________________

 ◎次回の「となりの考古学」は、2月16日号に掲載します。

 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ■ 編集後記■ 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

 今回から「となりの考古学 ~福岡にまつわる遺物たち~(全3回)」が
 始まりました。
ライターの本村さんは、3歳の男の子のお母さん。 
現在妊娠中で、5月には2人目のお子さんをご出産予定です。
 
子育てをしながら、時間を見つけては、考古学の勉強を続ける本村さん。
 「もっと多くの人に考古学の魅力を知ってほしい」と目を輝かせています。

 このたび、3回シリーズで、専門的な内容を、
 子育て中の女性にも親しんでもらえるよう、書いていただくことにしました。 

第1回の妊娠土偶の話題は、いかがでしたか? 
安産を祈る気持ちや、命を慈しむ気持ちは、
 はるか古代から、ヒトが抱き続けているものなのですね。 

 。・。・。・。・。・。・

 先日私は、九州国立博物館で開催中の「細川家の至宝」を観に行きました。 
織田信長が細川忠興にあてた書状や、宮本武蔵が描いた水墨画、 
千利休が使用した茶碗などを目にして、心が震えました。 
百年の時を越えて、偉人たちの息遣いを感じた気がします。

 もしかしたら、この感じは、本村さんの言う「考古学の魅力」と
 通じているのかもしれません。

 「細川家の至宝」は、会期中、展示物が入れ替わるので、
 来月もう一度、足を運びたいと思っています。

 前回は、時間的な余裕がなかったのですが、 
今度はゆっくり文化交流展示室も観覧し、妊娠土偶を見てくるつもりです。 

命がけの出産があったからこそ、今、私たちがこの世に存在する、
 そのことに感謝しつつ、古代の息吹を感じてみたいと思います。

 :・:・:・:・: 

 次回の発行は2月2日(木)です。
 どうぞ、お楽しみに。

 下西 由紀子 

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 
【筑後川 メールマガジン】 No.112 Thursday Edition 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
  発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子 
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子 
-------------------------------------------------------------------- 
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して おります。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。


ブログランキング・にほんブログ村へ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ■となりの考古学 ~福岡にまつわる遺物たち~(全3回)■  
 ◎ 第1回 ◎ 子をはらむ、産むかたち
 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ 
はじめまして、本村文です。
 10代で考古学と出会い、20代で専門的に学び、 
今年ついに夢かなって、考古学をからめた記事を書くことになりました。 

どことなくおカタいイメージのつきまとう考古学ですが、 
人の想いがこもったもの、笑いがこみ上げてくるものなど、
 親しみやすい遺物が土の中から顔を出すことがあります。

 その一例を紹介しましょう。

 :・。・:・。・:・。:・。・:・。 

ふくらんだ胸、前にはり出したお腹...... 
けっしてメタボなおじさまではありません。
 縄文時代に作られた土偶は女性、とくに妊婦を表したものが多いんです。 

妊娠土偶とよばれる、大きなお腹の土偶は福岡県内でも発見されています。

 築上郡上毛(こうげ)町にある、 
東友枝曽根(ひがしともえだそね)遺跡から見つかった
 妊娠土偶の手足は欠けていますが、 
土偶はこんなふうに壊れた形で見つかることがほとんど。 
そため、安産や病状の回復を願って作られた
 「身代わり」だったとも考えられています。

 この土偶、お腹が下がっているところをみると臨月間近でしょうか。
 妊娠の週数が進むにつれ、ふくよかになっていく体。 
わたし自身も妊婦なので、実感をこめて一言。
 「妊婦って本当、こんな体型です」

 ところで、百聞は一見にしかず。

 東友枝曽根遺跡出土の妊娠土偶がどんな姿をしているのか、

 興味のある方はどうぞ、わたしのブログを覗いてみてください。
実物は、ただいま九州国立博物館の文化交流展示室で見ることができます。 
本物に向き合うと、思わぬ発見があるかもしれませんよ! 

 :・。・:・。・:・。:・。・:・。 
 その昔、妊婦は命がけで出産にのぞみました。 
今とは比べものにならないほど、母子ともに死亡率が高かったんです。 

縄文時代の巨大な集落が発見された、 
青森県・三内丸山(さんないまるやま)遺跡。

この遺跡からは、埋甕(うめがめ)という、 
胎児~生後1年の乳幼児をおさめた墓が数多く発見されました。
 その数、大人の墓の約6倍。 

この遺跡で暮らした人々の平均寿命は30歳前後だったそうです。
 2010年度の平均寿命は83歳ですから、なんて短い一生だったんでしょう。 
(※参考:WHO 世界保健統計2010年) 

今よりも世代交代が頻繁に行われていた時代、
 赤ちゃんといえども、いずれは集落の存続にかかわる大切な存在でした。
 宿した命、産んだ命が育たずに絶えるというのは、 
親やその家族の悲しみにとどまらず、集落全体の悲しみでもあったようです。

 人々が暮らしていた住居のそばに埋甕を埋めたのも
 「今度こそ生まれておいで」 「すぐにでも、また産まれておいで」 
そんな切なる願いの表れだったのでしょう。

 :・。・:・。・:・。:・。・:・。

 ところで、分娩台がなかった時代、 
日本女性は座産(ざさん)といって、座って子を産み落としました。 
たしかに座った姿勢のほうが、
 分娩台に横たわるよりも何だか力が入りやすそうです。

 岩手県の東裏遺跡から見つかった、中腰の土偶は 
出産している姿に見えなくもありません。
アゴを上げ、手をぐっと握っていきんでいるのかしら。 
座産を見たり、経験した人の意見を一度うかがってみたいものです。 

 見る人によって、見え方が違うのが土偶の魅力のひとつ。 

今はネット検索で、簡単に国宝級の土偶を見物できる時代です。 
縄文のビーナスや合掌する土偶、 
そして教科書でもおなじみの極端に大きな目をした遮光器(しゃこうき)土偶。
 個性ゆたかな土偶の中から、
 あなたのお気に入りを探してみるのも楽しいかもしれません。
 _______________________________ 
本村 文(もとむら ゆき)
 ライター。大学では考古学を専攻。専門は人物を模した埴輪。 
卒業後、埋蔵文化財関係の職場に勤めた。 
_______________________________

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012/1/12号 発行☆★☆
【あそぶ!はたらく!つどう!筑後川 メールマガジン】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
<http://fcm-design.jp/mag/>
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆

情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:meru@fcm-design.jp
筑後川メールマガジンに登録してくださった、皆様ありがとうございます!
どうぞ皆様、末永くご購読宜しくお願いいたします。

このメルマガは、 子育てしている皆さんとその家族に、筑後川流域の自然・
歴史・文化の素晴らしさと共に有意義な情報をお届けします。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

★ 【INDEX】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆
◆『目標を書き出す』by 深川
◆『小郡市女性再チャレンジ支援事業第4弾「私の仕事応援講座」のご案内♪』
◆『カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪』Vol.33
◆ 編集後記 by 下西
★ ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆☆

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 ■ 『目標を書き出す』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

こんにちは!FCMデザインの深川です。
登録してくださった皆様、有難うございます。

このメルマガは、少しずつ皆さんと一緒に育てていこうと思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。
よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。
登録はこちらからお願いいたします。
http://fcm-design.jp/mag/cat5/ 

★---------------------★
新年明けましておめでとうございます。

新しい一年が、始まりました。
今年は、子ども達の冬休みも長く10日始まりの学校も多かったようですが
皆さまのお正月は、いかがだったでしょうか?

私も家族揃って楽しいお正月を迎える事ができました。
皆、元気でお正月を迎えられる有難さを感じ、
初詣出では、今年は、安心して一年を過ごせるように、
お祈りして参りました。

さて、昨年末から、明日すべき行動を5つ書きだして、それを確実に
実行するという方法を行っています。

これは、一見簡単な方法ですけれど、頭にもやもやとすべき事が、
いくつも溜まっているとなかなか行動に移し難くなり、
ついつい先延ばしにしがちになるものですが、
それをすっきり解決してくれます。

この方法は、あるビジネス書に載っていて、簡単なので、
さっそく取り入れてみました。

仕事についてもそうですが、年末の大掃除の時にこの方法は、
力を発揮してくれました。

あそこもここも、掃除しなければと思うと、ストレスが溜まりますが、
ゲーム感覚で、一つの場所が終わるたびに、「すべき事」を消していくと
心の中もすっきりしてきます。
例年以上に、効率よく、大掃除を終えて、満足できました。

お陰で、「やるべき事をすぐにやる。」癖がついて、今もそれを
持続できているように思います。

また、作業を書きだす事で、段取りを考えられたり、終わった事を
確認もできますので、効率よく作業を進められます。

ぜひ、皆さまにもお勧めです♪

そして、私は初め手書きで、やっていましたが現在
「Nozbe」http://www.nozbe.com/というWebサービスで
管理しています。

これに、将来の目標から、明日やる事までを書きこんで、終わった度に、
チェックを付けていくという方法をとっています。

Googleカレンダーとも連携できますので、
「いつまでに、これを終了させる」という場合には、
カレンダーに表示させてスケジュール管理にも便利です。

という事で、「今年は、目標を絶対行動に移したい!」という
方には、やるべき事を書きだすという方法は、とても有効ですので、
ぜひ皆さまご活用下さいませ。

それでは、皆さま今年もどうぞ宜しくお願い致します。

深川 智恵美
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『小郡市女性再チャレンジ支援事業第4弾
             「私の仕事応援講座」のご案内♪』■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
皆さま、明けましておめでとうございます。

さて、皆さまはどんなお正月を過ごされましたか?
私は例年通り、年末は旦那さまの実家で昔ながらの
杵と臼での餅つきを行い、出来上がったお餅を切る係を頑張りました!
また、久しぶりにいとこで集まり、遅くまで話に花が咲きました。

今年もようやく始動したばかり。
本年も、さまざまなイベントや講座を案内していきます!
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回は年始にふさわしい講座のご案内です。
筑後川メールマガジン発行責任者である、深川さんも
講師陣の一人になっています!
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
◆小郡市女性再チャレンジ支援事業第4弾◆
      『私の仕事応援講座』

時間を上手に使って仕事をしたい、自分らしい働き方を
見つけたい・・・など、夢を形にする「自分の力」を見つける
ための講座です。
SOHO・起業に興味のある方はもちろん、働き方に興味の
ある方、自分にあった仕事スタイルを探している方に参考
になる内容となっています。
女性起業家から成功するコツと本音をうかがいます!

《第1回》 1月26日(木) 10:00~12:00
「時間管理術講座~ちょっと素敵な自分へステップアップ~」
講師:ライフオーガナイザー 竹井優子 さん

《第2回》 2月2日(木) 10:00~12:00
「私らしい仕事スタイル~SOHO・起業入門講座~」
講師:FCMデザイン 代表 深川智恵美 さん

《第3回》 2月9日(木) 10:00~12:00
「ママからママライターへ転身
 ~好きな事を仕事に。ぷちライター体験講座~」
講師:フリーライター 山下まちか さん

*各回ごとに申込可能

【日程】1月26日(木)・2月2日(木)・2月9日(木)
【時間】10:00~12:00
【会場】小郡市生涯学習センター(小郡市大板井1180-1)
【対象】講座内容に興味のある女性
【定員】各回20名程度(申込多数の場合抽選)
【参加費】各回100円
【託児】あり(1歳以上未就学児12名まで)
【託児費】1日に付一人200円

【申込方法】Eメール・はがき・FAX・センター窓口にて
1.件名「私の仕事応援講座」希望回 2.住所
3.氏名(ふりがな) 4.年齢 5.電話番号 6.託児の有無
7.託児希望の場合、お子様の氏名(ふりがな)、年齢、性別
をご記入の上、お申込みください。
*FAX・Eメールでお申込みの方には必ず返信いたします。
申込後3日を過ぎても連絡がない場合は必ずお問合せください。

【申込・問合せ先】小郡市生涯学習課学習・文化係
〒838-0142 小郡市大板井1180-1
TEL:(0942)72-2111(内線523)
FAX:(0942)73-5222
Eメール:ogori-sg@awg.bbiq.jp
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
今年の目標は立てましたか?
辰年らしく、上昇気流にのった一年にしたいですね。
皆さん、今年も頑張りましょう~!

東堂 めぐみ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『 カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪ 』 ■
☆.。.:*・Vol.33  1月のスタートカラー  ☆.。.:*・
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
2012年、はじめてのメルマガです。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今年は、笑顔一杯の素敵な一年になるように願っております。

昨年は、ゴールドにしていたスタートカラー・・・。
今年は、癒しと調和を大切にしたいと思い、グリーンにしました。

皆さんの今年のカラーイメージってありますか?
私たちに与える色の効果を上手に使い、色彩豊かな生活を
楽しんでほしいなと思います。

七色のそれぞれの意味をご紹介します。
☆.。.:*・≪ 七色の意味 ≫ ☆.。.:*・

レッド:現実で結果を出す、開拓、地に足をつける、情熱、行動

オレンジ:人と人をつなぐ、積極的、美の創造、前向き、人生を楽しむ

イエロー:幸福、希望、情報、理論的、好奇心、スタイルの確立

グリーン:自然、安定、成長、調和、癒し、変化、努力

ブルー:誠実、集中力、家庭を大切にする、整理整頓、思いを言葉に出す

パープル:内面を見る、希少価値、神秘的、インスピレーション、プライド

ゴールド:豊かさ、知識、楽しさ、地位、名声、自信、物質的、成功

※ キーワードは一部ですし、もちろん反対の意味もあります。
色の意味をポジティブにとらえ、上手にカラーを使ってくださいね♪

☆.。.:*・°☆.。.:*・ ☆.。.:*・°☆.。.:*・ ☆.。.:*・°☆

昨年、台所の水切りかごをレッドに変えました。
ちょっと億劫だった洗い物も、楽しくあっという間に終わる感じです。
これもレッドの効果かなと思っているこの頃です。

よろしければ、皆さんのスタートカラーも教えてくださいね!
こちらへ ⇒ meru@fcm-design.jp

永吉ちか子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■ 編集後記■
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

いよいよ新年がスタートしました。
みなさんにとって、2012年はどのような幕開けでしたか?

さて、今週号では、スケジュール管理・時間管理が、話題に上っていますが、
私も「今年こそは、きっちりとタイムマネジメントできるようになりたい」
そう、友人らと話していたところです。

「手書き派」の私は、手帳に書き込まないと、どうも落ち着きません(笑)
もしかしたら、もっと自分に合ったタイムマネジメントの方法が
あるのかもしれません。
あるいは、自分の気持ちや考え方を変えないと、
根本的な解決にはならないのかもしれません。

まえがきで深川さんが紹介していたWebサービスを利用したり、
東堂さんご紹介の「時間管理術講座」を受講したりして、
タイムマネジメント力アップを図りたいと思います。

今年も、新しい自分に向かって、挑戦を続けましょう!
そして、日本全体が明るい1年となりますように。

:・:・:・:・:

次回の発行は1月26日(木)です。
どうぞ、お楽しみに。

下西 由紀子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【筑後川 メールマガジン】 No.111 Thursday Edition
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子

【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。 
今年も、新しい自分に向かって、挑戦を続けましょう!
そして、日本全体が明るい1年となりますように。

:・:・:・:・:

次回の発行は1月26日(木)です。
どうぞ、お楽しみに。

下西 由紀子

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【筑後川 メールマガジン】 No.111 Thursday Edition
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
あそぶ!はたらく!つどう!筑後川メールマガジン (第1・3 木曜日発行)
<http://fcm-design.jp/mag/>

発行責任者:深川 智恵美 編集長:下西 由紀子
編集スタッフ:永吉 近子 東堂 めぐみ 中村 美穂子

【WEB】 <http://www.fcm-design.jp/>
--------------------------------------------------------------------
このマガジンは「筑後川流域で楽しもう!」をスローガンに配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

banner_02.gif

人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■『 カラーでhappy~さぁ!心とお話しましょう♪ 』 ■
☆.。.:*・Vol.33  1月のスタートカラー  ☆.。.:*・
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
2012年、はじめてのメルマガです。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今年は、笑顔一杯の素敵な一年になるように願っております。

昨年は、ゴールドにしていたスタートカラー・・・。
今年は、癒しと調和を大切にしたいと思い、グリーンにしました。

皆さんの今年のカラーイメージってありますか?
私たちに与える色の効果を上手に使い、色彩豊かな生活を
楽しんでほしいなと思います。

七色のそれぞれの意味をご紹介します。
☆.。.:*・≪ 七色の意味 ≫ ☆.。.:*・

レッド:現実で結果を出す、開拓、地に足をつける、情熱、行動

オレンジ:人と人をつなぐ、積極的、美の創造、前向き、人生を楽しむ

イエロー:幸福、希望、情報、理論的、好奇心、スタイルの確立

グリーン:自然、安定、成長、調和、癒し、変化、努力

ブルー:誠実、集中力、家庭を大切にする、整理整頓、思いを言葉に出す

パープル:内面を見る、希少価値、神秘的、インスピレーション、プライド

ゴールド:豊かさ、知識、楽しさ、地位、名声、自信、物質的、成功

※ キーワードは一部ですし、もちろん反対の意味もあります。
色の意味をポジティブにとらえ、上手にカラーを使ってくださいね♪

☆.。.:*・°☆.。.:*・ ☆.。.:*・°☆.。.:*・ ☆.。.:*・°☆

昨年、台所の水切りかごをレッドに変えました。
ちょっと億劫だった洗い物も、楽しくあっという間に終わる感じです。
これもレッドの効果かなと思っているこの頃です。

よろしければ、皆さんのスタートカラーも教えてくださいね!
こちらへ ⇒ meru@fcm-design.jp

永吉ちか子

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31