日常をキラキラした思い出に変える素敵な場所や体験が、 筑後川流域には沢山詰っています。 子育てしている皆さんと、その家族の為の筑後川流域に特化した メールマガジンです。ぜひ、流域の魅力を知って頂き、足を運んでみてください!

『よらんね♪久留米一番街かいわい』第3弾 ベジデリ & カフェ【サンバル食堂】

| コメント(0) | トラックバック(0)
『よらんね♪久留米一番街かいわい』も第3弾となりました。
今回は「久留米市一番街」の中ほどにあるちょっと気になるお店を
紹介します。

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

ベジデリ & カフェ【サンバル食堂】

<Part1>「みんなのやりたいこと」を応援する場所

◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆/◎/◆

第3弾は、ベジデリ & カフェのお店「サンバル食堂」です。
今月は、オーナーの倉地摩紀子さんをご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・

オーナーの倉地摩紀子さんの経歴を見ると、
ちょっとビックリしてしまうかもしれません。

穏やかで人をふわっと包み込む倉地さん、
サンバル食堂のオーナーであり、アロマセラピスト!
また、バリに魅せられototumugi株式会社を設立、
バリにあるプチホテルの経営者と色々な顔があります。

なぜ、サンバル食堂を始めたのかお聞きすると、
「10年後くらいに、大好きなアジアで食べた、
動物性の物を使わない玄米菜食のお店を
やれるといいなと思っていたんです」と倉地さん。

夢が現実になった訳は・・・。

「久留米市が主催する、起業支援の募集のお話があり、
企画書を書く練習にと試しに応募してみたら企画書が通り、
プレゼンテーションで1位になって...」
と思いがけない答えが帰ってきました。

オープンまで大変だったのでは?

「実は、場所や資金など色々と問題がありもうダメかもと思い、
気持ちが不安になったこともあります。
でも、飲食業は初めてだし、出来る限りのことをやってみようと
チャレンジ精神で行動しました!」
と明るく答える倉地さんの笑顔が印象的でした。

何事も楽しみながら前へ進むと、
大変なことも不思議とタイミングよく物事が進んだり、
協力してくれる方が見つかったりして、
期限の半年以内にお店をオープンすることが出来たそうです。

「食堂としていますが、ただの食べ物屋さんとは考えていません!

多くの人の思いと共にできた「サンバル食堂」は、
「みんなのやりたいことを応援する場所でありたい♪」と
おっしゃっていました。

******************

<サンバル食堂メニュー>
ランチプレート ¥500 or ¥800
ドリンク ¥200~

******************

次回は、「サンバル食堂」のお店紹介を予定しています。
お料理教室なども開催しています!!
気になる方は、ぜひ久留米一番街へ足をお運びください。

・・・・・・・・・・・・・・・・
■ ベジデリ & カフェ サンバル食堂
【住所】  福岡県久留米市東町32-1(久留米一番街内)
【定休日】 毎週月曜日(不定休)
【営業時間】11:00~18:00 ランチ11:00~14:00
【電話番号】0942-39-2248
【mail】  ototsumugi@tp.main.jp
【サンバル食堂のHP】 http://ototsumugi.main.jp/
【サンバル食堂のブログ】 http://ameblo.jp/warung-sambal

・・・・・・・・・・・・・・・・

永吉ちか子

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fcm-design.chicappa.jp/mt/mt-tb.cgi/691

コメントする